注目キーワード

アイテム

野菜が苦手な子も、コレなら興味深々!? 食育に使えるカードゲームが面白い

「すっぱい!」「シャキシャキ?」カードに描かれた野菜や果物を見て、子供がいろんな想像を膨らませる。食感を思い出したり予想することで、発想力や想像力を養うのだ。今回は、食育にも役立つ幼児向けの新感覚のツール『どんなあじカード』を紹介しよう。

本物そっくり!
食への興味を引き出す
『どんなあじカード』って?

近年、パパ・ママの間で浸透しはじめている”食育”というワード。

食育とは、食に関する知識と、それを選択する力を習得して健全な食生活をしていくこと。つまり、食育をするには「食への興味をもつこと」が大切なのだ。

しかし、実際に食育を行ううえで、子供たちにどう伝えるのが良いだろう?

そこでオススメしたいのが、『どんなあじカード』だ。



『どんなあじカード』で
遊んでみよう


『どんなあじカード』は、食べたことがないから食べてみたいと思う好奇心や、想像したものを言葉で表現しながら、親子で楽しく食育ができるようにと開発されたツールだ。

このカードには、食育につながる要素がたくさんある。カードをみて想像したりすることで「食」について楽しく触れることができ、親子で遊びながら食に興味がもてるきっかけが詰まっているのだ。

写真ではなく、水彩画で描かれているのもポイント。柔らかく優しいタッチで食べ物が表現されていて、食べ物のみずみずしさや色鮮やかさに、一瞬目を奪われるだろう。

カードの素材は汚れにくく、紙にマットコーティングをすることで美しい仕上がりになっている。厚みのある素材だから、子供たちが遊んでも折れたり破れたりしにくい。

遊び方は簡単。まず子供たちに、「どんなあじ?」「どんなにおい?」などの質問を投げかけてみよう。子供たちは絵を見て感じたことを、自由に答える。

このゲームに失敗や間違いはない。大人も一緒に想像を膨らませながら、子供が知らない食べ物がでてきたら教えてあげよう。

また、カードに描かれている野菜や果物をお店で探してみたり、野菜・果物・木の実や土の上にできるもの・下にできるものなど種類別に分けてみたり、大きさや甘さを想像して比べてみたり、新種の食べ物を描いてみたりなど、遊び方はほかにもたくさんありそうだ。



子供と楽しく遊びながら
食の知識を身につけよう


絵を見て「おいしそう、食べてみたい」と感じるのは、とても新鮮な体験。『どんなあじカード』はそれを実現できる遊びツールのひとつだ。

子供の中には、食べることが好きな子もいれば、偏食で食べることが苦手な子供もいる。どんなあじカードは「食べてみよう」という興味・意欲がわくので、子供が食べないことで悩んでいるパパ・ママの味方になってくれるかもしれない。

親子のコミュニケーションツールのひとつとして、楽しく食育ができる『どんなあじカード』で遊んでみてはいかがだろうか。

DATA

サイバール株式会社

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 【イベントレポート】赤ちゃんと自然を冒険! 0歳から参加できる親子キャンプに密着...
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  6. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  7. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  10. 子どもはパパを見て育つ!今日から始めよう、健康でいるために守りたいルール6選...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード