注目キーワード

時事・コラム

妻454分:夫83分!? 育児・家事時間においてママの負担が大きすぎる

妻の育休利用・出産後就業率は増加傾向。育児・家事分担は未だ女性に偏っている。自分は妻にまかせっきりにしていないだろうか……? まずは家庭の在り方を見直すきっかけにしてほしい。

男性の家事負担は微増中

女性が男性と対等に活躍し、仕事の負担を減らして豊かな私生活を送れる土台を作るためにも、まずは家庭の在り方を見直してみよう。夫婦で育児・家事を上手に分担するのが、解決策の1つだということに気づくはずだ。



総務省による、6歳未満の子供を持つ夫婦の育児・家事関連時間に関する調査結果を見てみよう。1996年には妻は458分、夫は38分だったが、2016年には妻454分に対し夫が83分に増えた。若い世帯ほど、夫の育児・家事への参加が増えていることが分かる。しかし、女性と比べて圧倒的に男性の負担は少ない。

子供の出生年別、
第1子出産前後の妻の就業継続率

育休利用・出産後就業率ともに増加中。

※国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査(夫婦調査)」より作成。
※対象は第1子が1歳以上15歳未満の初婚どうしの夫婦。第12回~第15回調査の夫婦を合わせて集計したもの(客体数12,719)。
※就業変化は、妻の妊娠判明時と子供1歳時の従業上の地位の変化を見たもの。

6歳未満の子供を持つ夫婦の
育児・家事関連時間

出典:総務省「平成28年社会生活基本調査」、Bureau of Labor Statistics of U.S. “American Time Use Survey” (2016)及びEurostat “How Europeans Spend Their Time Everyday Life of Women and Men”(2004)より、内閣府作成。

“男社会”をなくし、ジェンダー平等を実現していくためにも、まずは夫の育児・家事への参加が何よりも大事だ。


Text >> KOUSUKE OONEDA

FQ JAPAN VOL.48より転載



関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 【参加者募集】父の日で新しい自分を発見!パパ座談会&ファミリースナップ撮影を開催...
  2. 雑誌『FQ JAPAN』2024年夏号 6/7(金)発売!
  3. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  4. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  5. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  6. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  7. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  8. 【計33名様にプレゼント】豪華家電などが抽選で当たる! アンケートに答えて応募しよう...
  9. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  10. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード