注目キーワード

基礎知識

離乳食期のパパの心得とは? 少しのサポートが妻にとっては大きな支え

授乳期よりもパパが大活躍できる場面が増える離乳食期。少しのサポートでも、ママにとってはとても助かるもの。ではパパは、どんなことに気を付ければいいのか。今回は離乳食期のパパの心得をご紹介。

買ってくる

妻と相談しつつ、栄養バランスを考えながら食材を選ぶことが大前提。もし妻の代わりに父親が1人で買物に出かける場合、以前購入したものを携帯で写真に撮り、いつでも確認できるよう保存しておくのも1つの手だ。

一方、子供を連れて妻と出かけるならば、「オムツを替えるための多目的トイレはあるか」「施設内にベビーカーが設置されているか」というようなハード面の下調べも、買い物をスムーズにするため重要となってくる。

食卓の準備をする

前掛けをつけたり子供の食事用テーブルを出したりするのはもちろん父親の役目。また料理作りを手伝う場合も、何事も妻が動きやすいように配慮してあげよう。

食卓においては、父親はあくまで妻のサポート役。妻の動きを予測して環境を整えてあげられれば、なおさら良い。もちろん食前におやつなどはあげないこと。お腹がそこまで空いていなければ、食事になっても子供は好きなものしか食べないし、栄養の偏りを引き起こす原因となる。事前からの食卓環境の整備が大切なのだ。

食べさせる

まず大事なことは、大らかな気持ちを持つこと。食べ物をこぼさないに越したことはないけれど、「あれもダメ、これもダメ」では、子供はもちろん親の方も疲れてしまう。だから「こぼさない」ではなく「こぼしても大丈夫」な環境を作ることが大切だ。

もちろん食事中の楽しい雰囲気作りも重要。親が美味しく食べていれば、子供も美味しく食事ができる。褒めておだてて食べさせれば、嫌いな食べ物も克服できちゃうかも。また常に子供に気を配れるように、食事中のテレビは消しておこう。

片付ける

料理を作ってくれた妻に代わり後片付けをするのは父親の役目。父親自ら食器を片付けることにより、食事を作ってくれた妻への感謝の気持ちも表せる。また、後片付けまでが食事だと態度でも示せる。

もちろん食器は洗剤できれいに洗うなどして常に清潔に。妻にとって育児は24時間かかりっきりの臨戦態勢。少しでも妻が休める時間を作ってあげることが夫の役割といえる。またそんな父親の、妻を思いやる後姿を見ながら子供も育っていく。日常生活全体が子供への教育となる。

離乳食を始める目安

● 首のすわりがしっかりしている。
● 支えてあげると座れる。
● 食べ物に興味を示す。
● スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる。

離乳食の留意点

● 赤ちゃんは細菌への抵抗力が弱いので、食材、手や指、調理道具などの衛生面に注意。
● 味付けは素材の味を生かした薄味にし、油脂類も控えめに。
● 調理に手間をかけられない時や外出時などは、ベビーフードも活用を。
● 生後9ヶ月以降は鉄分不足に注意し、赤身魚や肉、レバーなどを使って工夫を。
● 乳児ボツリヌス症予防のため、はちみつは満1歳を過ぎてから。


Text >> YUKINOBU KATO

FQ JAPAN VOL.9より転載

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  3. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  4. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  5. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  6. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  7. 八ヶ岳を遊び尽くす!炎天下でも雨の日でも楽しめる屋内アクティビティ施設...
  8. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード