注目キーワード

時事・コラム

2~5歳は最も迷子になりやすい!? 親が行うべき対策とは

子供と一緒にショッピングモールやイベントへ出かける時、心配なのが迷子。特に、2歳頃からは目を離すと自由に行動してしまうことが多いが、子供とはぐれないためにはどんな対策をすべきだろうか?

外出先で「子供がいない!」
想像しただけでも冷や汗が……

子供がベビーカーを卒業し自分で歩けるようになると、心配なのが外出先での迷子。特に、好奇心が旺盛な子はすぐに興味の対象へと向かっていくため、ほんの少し目を離しただけでもはぐれてしまう。

すでにこのような経験しているパパも多いと思うが、子供を見失わないための具体的な方法や対策はあるのだろうか? 迷子に関するアンケート調査の結果とともに紹介しよう。

3万2000人にアンケートを実施!
その結果は?

不審者情報システム「マチコミ」を運営するドリームエリア株式会社は、2018年8月17日、「子供の迷子」に関する緊急アンケート調査を実施・公開した(調査対象:「マチコミ」を利用している保護者、有効回答者数32,504名)。

外出先ではぐれやすい子供の年齢は?

「子供とはぐれることが多かった年齢」を質問したところ「2~5歳」という回答が最も多く8割にのぼった。2歳というと、ちょうど周りの人やモノに興味を示す時期。自分でどんどん歩けるようになっていることも含め、保護者とはぐれやすい傾向にあるようだ。

子供とはぐれた時の状況は?

また、子供とはぐれた時の状況は「子供が興味のある場所へ行ってしまった」(53.1%)が断トツだ。2番目に回答の多い「親が何かに集中しているときに居なくなった」(24.3%)と比べてもその差は約2倍。親が注意を払っていても見失ってしまうのだから、子供の好奇心は本当に強い。

子供とはぐれた時の状況は?

迷子対策として最も多かったのは「目立つ服を着せる」(27.5%)で、4人に1人以上の保護者が実践しているようだ。「携帯電話を持たせる」(20.1%)という回答も続いているが、2~5歳頃の子供に携帯電話を管理させるのは難しい。服の色や柄で親が認識しやすいよう工夫を凝らすのが得策だ。

グラフは全てドリームエリアの調査結果より引用

迷子対策グッズで
備えるのもアリ

今回アンケート調査を実施したドリームエリアは「マチコミ」のほかに、児童見守りサービス「みもり」も販売している。

>>アプリと連携して迷子を防ぐデバイス「みもり」とは?

こういったグッズも上手く活用しながら、子供と外出する時は手をつないだり行動をよく観察して、迷子防止に努めよう。

DATA

ドリームエリア株式会社

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  3. 【イベントレポート】赤ちゃんと自然を冒険! 0歳から参加できる親子キャンプに密着...
  4. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  5. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  6. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  7. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  10. 住まいづくりのお悩み解決! 『プラス・マイナス 兼光さん はじめての家づくりストーリー』とは...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード