注目キーワード

時事・コラム

長~い育児休暇を取得した北欧のパパ写真展が話題に

父親の育児参加に積極的な国・北欧スウェーデン。なかでも、特に長い育児休暇を取得したパパたちの姿を収めた写真展が、世界各地で開かれ話題となっている。仕事やキャリアよりも、子供と過ごすことを優先した父親たち。その姿は、あなたの育児スタイルに変化をもたらすかも?

育児休暇取得率8割!?
スウェーデンパパたち事情

父親の育児参加が盛んな北欧の国々。そのうちのひとつ、スウェーデンでは育児休暇を取得する男性が約8割にも上るといわれている(日本は2.6%)。そんなスウェーデンの父親のなかでも、少なくとも6ヶ月間子供と一緒に過ごすことを選んだパパたちのポートレイトを展示する写真展『スウェーデンのパパたち』が開かれている。

この写真展は、昨年のスウェーデンを皮切りに、ベトナム、中国、ルーマニア、ウガンダ、ドイツ、アメリカ、スイスなどで開催。今年はオーストラリア、フランス、日本などを含む約10カ国を巡回する。

日本では2018年の7月まで全国各地で展示。会場によっては、スウェーデンのライフスタイルを紹介するセミナーやワークショップ、今回パパたちを撮影した写真家ヨハン・ベーヴマン氏によるギャラリートーク(12月9日のみ)も開かれる予定だ。

Copyright: Johan Bavman

These press images may only be used as part of the Swedish Dads photo exhibition and may not be used for any other purpose.

一生懸命子供に向き合う
まさに親の愛情の表れ

今回の一連の写真に収められたパパたちの姿は様々。食事・お風呂・トイレのお世話、買い物、一緒に遊んでいるところなど、それぞれのパパのそれぞれの育児スタイルが見て取れる。表情もいろいろで、微笑んでいたり疲れていたり。ただ、どの写真にも共通しているのが“一生懸命”育児に取り組んでいる姿だ。

ベーヴマン氏が「私は普遍的なもの、母親であるか父親であるかとは関係なく親の愛情を見せたかった。」と語るように、一生懸命子供に向き合う姿勢、それこそまさに親の愛情の表れではないだろうか。

世界中の多くの父親よりずっと長く子供たちと過ごし、触れ合ったパパたちの姿を見ることで、自分の育児の形や、その意味を考える機会を与えてくれそうだ。

展示会の情報については随時更新予定。下記URLをチェックして欲しい。

DATA

スウェーデン大使館 巡回写真展2017-2018「スウェーデンのパパたち」

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  3. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  4. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  7. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  8. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  9. ペットが教育に役立つのは間違い?専門家が語るペットと子育ての本当の関係性...
  10. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード