注目キーワード

編集部からのお知らせ

子供の本当の幸せとは? 可愛らしくも、鋭い視点で描く現代家族の姿。

「家族」を題材にした映画はこれまでも多く公開され、その時代によって描かれる家族の景色をずいぶんと変えながら、人々の心を掴んできた。1月末より公開される『メイジーの瞳』も現代に生まれた家族映画のひとつであり、家庭、ひいては子供の姿を現代らしく描いた作品となっている。

「家族」を題材にした映画はこれまでも多く公開され、その時代によって描かれる家族の景色をずいぶんと変えながら、人々の心を掴んできた。たとえば、1970年代に公開された『クレイマー、クレイマー』は、当時の家族の姿を切なくも鋭く描いた名作である。
1月末より公開される『メイジーの瞳』も現代に生まれた家族映画のひとつであり、家庭、ひいては子供の姿を現代らしく描いた作品となっている。
『メイジーの瞳』の主人公は、離婚した両親の家を10日ごとに行き来することになった6歳のメイジー。自分のことに忙しい両親は、やがて彼女の世話をそれぞれのパートナーに押し付け、そのパートナーたちもまた、日常に疲れて彼女を置き去りにしてしまう……。
「可哀想」な少女の物語に目を背けたくなるかもしれないが、この作品で注目すべきは、どれだけ理不尽な目にあっても、主人公メイジーが両親の愛、そして周りの人々の愛を信じられていること。だから観終わった後に感じるのは、温かい気持ち。そして6歳の彼女の鋭い洞察力に、「子供といえど、案外大人よりも大人ということもあるかもしれない」と、わが子を見て背筋を伸ばしてしまうに違いない。
子供の本当の幸せとは? 家族のあるべき姿とは?
この作品をご覧になり、考える機会にして頂くのはいかがだろうか。

【DATA】
『メイジーの瞳』

両親の離婚に翻弄される6歳のメイジー。彼女に手を差し伸べたのは、それぞれの新しいパートナーだった━今を生きる新しい家族を描く感動の物語。
出演:ジュリアン・ムーア、アレクサンダー・スカルスガルド、オナタ・アプリール他
監督:スコット・マクギー&デヴィット・シーゲル(『ハーフ・デイズ』) 製作:ダニエラ・タップリン・ランドバーグ(『キッズ・オールライト』) 原作:ヘンリー・ジェイムズ 衣装デザイン:ステイシー・バタット(『ブリング・リング』)配給:ギャガ
2014年1月31日(金)より、TOHOシネマズ他 全国順次公開
公式HP http://maisie.gaga.ne.jp/

関連記事

2013/12/02 | 編集部からのお知らせ

2013冬号(vol.29)発売

ベビービョルン/ベビーキャリア ONE<sup>+</sup>Air

2017/03/01 | 編集部からのお知らせ

ベビービョルン/ベビーキャリア ONE+Air

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑   第13回 ペアレンティングアワード 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 先輩パパ・ママに聞いた! 絵本の読み聞かせはいつから始める?
  2. 【妊娠中期】安定期にやるべき”17のこと”旅行や保育園見学も今のうち!...
  3. 【妊娠初期】妊娠したらまず何をする? 夫婦の”やることリスト”
  4. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  5. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  6. 【新パパ必見】タバコは当然NG! 妊娠初期に夫が絶対にすべきこと3選
  7. 【妊娠後期】これだけはやっておくべき! 出産直前の準備リスト
  8. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  9. 1日集中トイレトレーニング【準備編】
  10. 1日集中トイレトレーニング【実践編】

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.58 | ¥550
2021/3/1発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.56 | ¥0
2021/2/26発行

特別号
「FQ Kids」

お詫びと訂正

  第13回 ペアレンティングアワード 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局