注目キーワード

時事・コラム

目指せイクメンの星! 輝くイクメンエピソード大募集

厚生労働省が行う、男性の育児参加を応援する「イクメンプロジェクト」。その一環として、毎年行われている『イクメンスピーチ甲子園』のエントリーが、受付中! 我こそはイクメンというFQ読者は、ぜひ参戦してみては?

厚生労働省が行う「イクメンプロジェクト」。その一環として行われている『イクメンスピーチ甲子園』をご存知だろうか? 全国のイクメンが自身のイクメンエピソードを引っ提げて応募する、まさに父親のための甲子園なのだ!

そんな『イクメンスピーチ甲子園』のエントリーが6/5(月)から、いよいよ開始。参加条件は“育児と仕事を両立しているパパ”であること。募集したエピソードの中から、予選を通過した3名で公開スピーチによる決勝戦が行われ、優勝者には「イクメンの星」の称号が与えられる。

審査のポイントは「両立性」「共感性」「継続性」の3つ。子育ての楽しさ・両立の苦労・俺流WLBなど、これまで父親として感じてきたオリジナルエピソードで、今すぐエントリー!

応募はホームページから ⇒ イクメンスピーチ甲子園2017


昨年のイベント表彰式の様子

 



イクメンスピーチ甲子園2017 概要

募集内容:育児と仕事を両立させている男性からの、両立に関するエピソード(800字以内)
※作品の中に、「育児と仕事の両立のための工夫」「育児参加の楽しさや大変さなど」の2つの視点を必ず入れ、育児体験を通じて伝えたいメッセージと合わせてご応募ください

募集期間:2017年6月5日(月)から2017年7月31日(月)まで

応募方法イクメンプロジェクトホームページの専用フォームより

審査方法
1.予選審査
応募エピソードをもとに、イクメンプロジェクト推進委員会において審査
2.決勝審査
2017年10月のいずれかの休日に、イクフェスレイクタウンkaze(埼玉県越谷市)内にて公開スピーチによる決勝戦を実施予定。その場で審査員により、優勝者「イクメンの星」を決定し表彰式を行う。

審査項目
1.育児と仕事の両立を図るための工夫があること
2.大変さ、喜びなど、広く共感できること
3.一過性でなく、継続実施可能な工夫があること
※上記3点を基本とし、その他、育児に対する姿勢、独創性、スピーチ能力などを加味して審査
 

問い合わせ

イクメンプロジェクト事務局

TEL:03-5774-2510(平日10:00~18:00)
HP:育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクト

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  6. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  7. 八ヶ岳を遊び尽くす!炎天下でも雨の日でも楽しめる屋内アクティビティ施設...
  8. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード