注目キーワード

編集部からのお知らせ

変わりゆく、英国王室の子育て

ロイヤルベビーの誕生を機に英王室の子育ては大きく変わろうとしている。

オムツを買って夜は早めに帰宅、ウィリアム王子のイクメンぶり

ロイヤルベビーの誕生を機に英王室の子育ては大きく変わろうとしている。乳母を置く伝統的な方法でなく、母乳でウィリアム王子たちを育てた故ダイアナ元妃に習い、できるだけ自分たちの手でジョージ王子を育てようとしているのだ。所属する空軍から2週間の育休を取ったウィリアム王子は、自らオムツ替えやチャイルドシートを付けてハンドルを握るなど、時代に合わせた育児を実践している王室は英国民の共感を呼んでいる。初めての育児に「よく動き気を抜けない」「空軍のレスキュー活動も大変だけど、生後の赤ちゃんの世話も同じくらい大変!」と漏らす一幕も。チャールズ皇太子は「初めて祖父になるのはとても誇らしく幸せなこと」と語り、弟のヘンリー王子は「(お守りには)高額のベビーシッター代を請求しようかな」と茶目っ気あるコメントを発表。肩ひじ張らないメディア対応、伝統に縛られず時代の空気を取り入れることこそ、英王室が今も国民から支持を集める理由なのである。

※写真は、ウィンザー城のお膝元にあるレゴランドでのオブジェ。レゴ製バッキンガム宮殿前には、ジョージ王子を含めた英ロイヤルファミリーがレゴで登場し、ロイヤルベビー誕生を祝う。

(2013.10.24up)

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  6. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  7. 八ヶ岳を遊び尽くす!炎天下でも雨の日でも楽しめる屋内アクティビティ施設...
  8. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード