注目キーワード

基礎知識

フローレンス野崎氏が語るWLB「ビジョンを明確に」

パパの働き方講座 第2回。フローレンス代表理事・駒崎弘樹氏がレクチャーする、子供と過ごす時間を増やすための選択肢の数々とは!?

STEP2 自身の意識改革も!
ライフビジョンの明確化で
仕事効率化と育児時間を創出!

 

[取材協力]認定NPO法人 フローレンス・代表理事 駒崎弘樹氏

 

仕事の効率化につながる
モチベーションアップ術

「子供といる時間をもっともっと大切にしたい!」乳幼児の子育て期間は実はとても短いということに気づいた私は、ある日このような気持ちが沸き起こりました。

子供が小学生に上がるまでの6年間、どのような時間を過ごすのか、あるいはどのように増やす努力をするのか、それはすべて自分次第です。「なぜ働くのか?」「何のために生産性を上げるのか?」「何のためにワークライフバランス(WLB)を追求するのか?」、私はそういった“ライフビジョン”を紙に書き出すことで、「絶対に6時に家に帰る!」という目標を自らに課し、子供と過ごす時間を増やす努力をしました。

これを実行するためには、仕事の効率化が不可欠です。しかし、そのためにはまず、モチベーションを上げる必要があります。だからこそ、子供と初めて対面する「産休」は後々のモチベーションにつながる重要な機会。「子供といる貴重な時間を大切にしたい!」という強い思いが芽生えたら、その時の想い(=目標)を書き出して“ライフビジョン”を明確化することが大切です。そして、それを何度も見返して、自分自身に刷り込んでいってください。そうすれば、それを実現させたいという気持ちが高まり、自然と仕事も捗ることでしょう。

何のために働くの?
ビジョンを言語化して明確化しよう!

現在2人の子供がいますが、「早く帰って息子と戦いごっこしたい!」という思いが日々のモチベーションとなっています。子供との時間は、自身にとって最高の自己投資なんです!

「みんなが幸せになる働き方」は誰にでも見つけられます。“ライフビジョン”の言語化という方法以外にも、「産休」「育休」の取得など、選択肢は山ほどあるのです。あなたも自分に最適な方法を探してみてください!」

Text » MIKAKO HIROSE
(2015.10.19)

FQ JAPAN VOL.36(2015年秋号)より転載

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  2. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  6. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  7. 八ヶ岳を遊び尽くす!炎天下でも雨の日でも楽しめる屋内アクティビティ施設...
  8. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  9. 【参加者募集】料理研究家 コウケンテツ直伝! 親子お弁当づくり体験会
  10. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード