注目キーワード

基礎知識

パパの働き方講座#01 まずは周りの理解を得るべき!

社内の雰囲気、ひいては上司の理解度次第で、育児の環境が変わる。ファザーリング・ジャパン代表 安藤哲也氏が「イクボス」を語る!

STEP1 まずは、周りの理解を得るべき!
上司の意識が変われば育児環境も改善

 

[取材協力]NPO法人ファザーリング・ジャパン 代表 安藤哲也氏

 

まずは考えを改めることから
上司の意識改革で
日本の社会が救われる!?

優秀なイクメンを育成するためには、「イクボス」の存在が不可欠であると私は考えています。育児支援が充実しているスウェーデンでは、2005年時点で会社を経営する役員の9割が育休取得者だったそうです。日本が大きく立ち遅れている理由を探すヒントが、ここにあるのではないでしょうか。

ファザーリング・ジャパンが「妻の産後に、妻のサポートや育児を目的として、育児休業制度の代わりに有給休暇や特別休暇(出産休暇など)を取得したことはありますか?」という調査を行ったところ、45.6%の男性が取得していることがわかった。

ファザーリング・ジャパンが「妻の産後に、妻のサポートや育児を目的として、育児休業制度の代わりに有給休暇や特別休暇(出産休暇など)を取得したことはありますか?」という調査を行ったところ、45.6%の男性が取得していることがわかった。

改めて「イクボス」の定義を紹介すると、「職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(WLB)を考え、一方で自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司」のことを言います。イクメン部下の状況を正しく把握し、状況に応じてフォローができる上司がいれば、職場の環境は大きく変わるのです。

しかし現状、「イクボス」が少ないことが原因なのか、「隠れ育休」という新たな社会問題が生じています。

隠れ育休とは、育児を目的に「有給休暇」を取得することをいいます。つまり、上司に「育休」と言わずに有休を消費している人が多いということです。ファザーリング・ジャパンの調査によると、乳幼児を持つ父親で、「隠れ育休」を取得している割合は46%でした。育休取得を望んでいても、『育休どころか、有休すら取りづらい』という声が多数上がる中、男性の育児休業取得促進の鍵は、やはり上司の「イクボス化」にあると思います。そのためにも、まずはボスが持つ「父親の育児」に対する考え方を改めさせる必要があるでしょう。

男性が育児する時間を確保することで得られるメリットは、「父親としての強い自覚が生まれる」「子供への深い愛着が形成される」「子供が生まれた後の妻とのパートナーシップの再構築」「家庭内の役割の硬直化の防止」など、数多くあります。日本にイクボスが増えれば、社会は変わるでしょう!

workstylesreform02_01

厚生労働省に聞いた!

男性の育児休業取得が進まない理由として、「取得しにくい職場の雰囲気」が挙げられます。制度が整備されていても、取得できなければ意味がありません。現場の管理職がイクボスになり、職場の雰囲気が変わることで、育児休業の取得が進むことを期待しています。また、厚生労働省では「イクボスアワード」に加え、男性の育児休業等の取得促進を行う事業主への助成を現在、来年度に向けて検討しています。

厚生労働省 雇用均等・児童家庭局
職業家庭両立課長

蒔苗浩司 氏

Text » MIKAKO HIROSE
(2015.10.12)

FQ JAPAN VOL.36(2015年秋号)より転載

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  2. 雑誌『FQ JAPAN』2024年夏号 6/7(金)発売!
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  6. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  7. 【計33名様にプレゼント】豪華家電などが抽選で当たる! アンケートに答えて応募しよう...
  8. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  9. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  10. アドラー心理学から学ぶ! 「人が幸せを感じる”3つの条件”」とは?...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.71 | ¥550
2024/6/7発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.69 | ¥0
2023/5/31発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード