注目キーワード

おでかけ

冒険気分を味わえるバックカントリー

今、ガイドを専属でチャーターして、贅沢にスキーをする“バックカントリー”が人気だ。最もアクティブな遊びを我が子と遊んでみては?

冬の雪遊びはガイドをチャーターしてバックカントリー

今、ガイドを専属でチャーターして、贅沢にスキーをする“バックカントリー”が人気だ。最もアクティブな遊びを我が子と遊んでみては?

自分たちのペースで滑るこの上ない贅沢さ

snow
この冬を子供たちと思いっきり遊びたいなら、冒険気分を満喫できるバックカントリーがおすすめだ。

バックカントリーとは、自然の雪山や雪原をスキーやスノボーで楽しむアウトドア・アクティビティで、最近では子供や初心者でも楽しめるツアーも充実している。

人工的なゲレンデではなく、大自然の中でのツリーランは親も子供も大きな感動を得られることは間違いない。

そんななかでもFQのおすすめは、ガイドをチャーターしてのプライベートツアーだ。子供が小さいと既存のツアーについて行けるか心配になるが、プライベートツアーだったら、完全に自分らのペースで滑れるので安心だし、まわりを気にせず親子のコミュニケーションも楽しめる。途中でウサギの足跡を見つけて追跡したり、ピクニック気分でのんびりランチを楽しんだりと楽しみ方も自由だ。

海外ではカナダやニュージーランド、スイスが有名だが、国内のエリアでは日本一のフィールドといわれる青森の八甲田山が絶好だ。極上のパウダースノーで覆われたなだらかで広大な斜面、点在するアオモリトドマツなどの樹氷。絶景のロケーションの中のツリーラン。シーズン中は首都圏や関西からも多くファンが訪れる。
snow02
「八甲田山ガイドくらぶ」ではガイドをチャーターでき、メンバーの体力、技術に応じてさまざまなバックカントリーのメニューをアレンジしてくれる。アイテムはスキーでもスノーボードでもOK。ロープウェイで一気に山頂まで上がり、そこから樹氷の森をゆっくりと滑り降りることができる。

岩手の安比高原も魅力的なバックカントリーのフィールドだ。
「イーハトーヴォ安比高原自然学校」では上級者向けのツアーからスノーシューのピクニックまでさまざまなツアーがあり、もちろんガイドチャーターも可能だ。
子供たちがスキーができないのであればスノーシューで遊ぶのも楽しい。

本当の白銀のパラダイスはゲレンデの外にある。この冬はぜひ、親子で体験して欲しい!

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 家族みんなが主役!新型N-BOXと“はじめて”の体験を探しに出かけよう
  2. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  3. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  4. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  7. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. 気温20度でも車内は危険?専門家に聞いた子供の熱中症対策と注意点
  10. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード