注目キーワード

おでかけ

我が子に贈る「最愛シート」を見極めよ!【データ編】

ドライブシーンの必須アイテムであるチャイルドシート、は愛する子供を万が一の事故から守ってくれる〝安全装置〞である。改めてチャイルドシートの大切さを確認しよう。

6歳未満全体で6割を切る低い使用率。改めてチャイルドシートの大切さを確認しよう!
※2012年のデータです。
※チャイルドシートは6歳以上でも身長140cm未満であれば装着する必要があります

graphgraph1
graphgraph2

あらためて知ってもらいたい使用率の低さとミスユース

2000年の道路交通法改正に伴うチャイルドシートの使用義務化が施行されて14年。育児シーンのマストアイテムとして、読者のほとんどの方は、お気に入りのチャイルドシートを用意したことだろう。いまさら言うまでもないことではあるが、チャイルドシートは愛する子供を万が一の事故から守ってくれる”安全装置”である。

しかしながら、本当に全てのファミリーがチャイルドシートをしっかり使用しているのだろうか? 警察庁とJAFは合同調査によって、6歳未満のチャイルドシート使用率が全体の6割にも達していないという結果を公表している(図1)。1歳未満の乳児の場合は約8割の着用率であるものの、年齢が上がるにつれ、その着用率が低下しているという。5歳になると、着用率は実に3割台。つまりこれは、子供の年齢が上がるにつれ、チャイルドシートに我が子を乗せるパパママが着実に減っているともいえる。我が子の安全を第一に考えるならば、”6歳まではチャイルドシート!”という意識をしっかりと持ちたいものだ。

さらに、もうひとつ気になるデータもご紹介。それがチャイルドシートの取り付け時におけるミスユースの調査データだ(図2&3)。およそ半数以上がミスユースを経験しており、正しい取り付け方法を完全にマスターしていないパパママが意外と多い点が浮き彫りとなっている。また乳幼児においては、シートに乗せたときの様々なミスユースがある点も見逃せない(図4)。ハーネスの高さ調節の不具合や、ハーネスの締め付け不適正など、主にハーネスに関するミスユースが多く見受けられるわけだが、子供自身では絶対にわからない、このミスユースこそ、親がしっかりと管理しておくべきだろう。

これからチャイルドシート購入を考えている方、すでに利用している方ともに、この”チャイルドシート使用率の低さ”、および”ミスユースの多さ”の現状を頭に踏まえて、我が子の安全・快適なドライブのためにすべきことを再確認してほしい。

TOPIC2 規格編はコチラから

※FQ JAPAN vol.24(2012秋号)より転載
(2014.9.19up)

関連記事

2017/02/07 | 編集部からのお知らせ

ベビー&ママモデルを募集しています!

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 【イベントレポート】赤ちゃんと自然を冒険! 0歳から参加できる親子キャンプに密着...
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  4. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  5. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  6. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  7. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア
  10. 子どもはパパを見て育つ!今日から始めよう、健康でいるために守りたいルール6選...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.70 | ¥550
2024/3/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.68 | ¥0
2023/2/29発行

特別号
「FQKids」

VOL.18 | ¥715
2024/5/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード