注目キーワード

編集部からのお知らせ

2015年春、新制度がスタート
子育ての環境はこう変わる!

すべての家庭が安心して子育てができる社会を構築することを目指し、就学前の教育、保育、子育て支援についての新制度(子ども・子育て支援新制度)が2015年春にスタートすることになりました。

市町村が地域のニーズを汲み取り、子育ての供給体制を充実

すべての家庭が安心して子育てができる社会を構築することを目指し、就学前の教育、保育、子育て支援についての新制度(子ども・子育て支援新制度)が2015年春にスタートすることになりました。具体的な取り組みとしては、「認定こども園」の普及、待機児童の解消のための保育の場の増設、学校教育・保育の量と質の向上、子供が減っている地域における子育て支援の充実の4つが中心となります。

新制度では、幼稚園と保育所に加えて、両方のよいところを合わせた「認定こども園」を普及していきます。特徴としては、保護者の働く状況に関わらず、どの子供も同じ環境で教育・保育を受けられること、保護者の就労状況が変わっても継続して利用できること、通園していない子供やその家族も、子育て相談や親子交流の場を利用できることが挙げられます。では、現在の幼稚園や保育所はなくなってしまうのかというと、決してそうではありません。新制度のもと、各施設の利用者の状況や地域の特性に合わせ、施設が運営方法を決めていくことになっています。

新制度では、以下の3つの認定区分に応じて、利用できる施設が決まっていきます。子供が満3歳以上で、教育を希望される場合は、「1号認定(教育標準時間認定)」を受け、幼稚園もしくは認定こども園を利用することになります。子供が満3歳以上で、就労や疾病などの「保育の必要な理由」に該当し、保育を希望される場合は「2号認定(保育認定)」を受け、保育所もしくは認定こども園を利用することになります。また、子供が満3歳未満で保育を希望される場合は、「3号認定(保育認定)」を受けることになり、保育所や認定こども園、少人数の地域型保育を利用することになります。認定区分により利用手続が異なることには留意が必要です。1号認定を希望される場合は、幼稚園や認定こども園に直接申し込むことができますが、2号、3号認定を希望される場合は、従来通り、市町村に「保育の必要性」の認定を申請することが基本になります。

新制度では、共働きの家庭だけでなく、すべての子育て家庭への支援を充実させるため、一時預かり事業、地域子育て支援拠点事業、放課後児童クラブなど13の地域子ども・子育て支援事業を創設します。このうち、一時預かり事業は、乳幼児を一時的に預かり、必要な保護を行う事業です。

これまではほとんどが保育所で行われてきましたが、新制度においては、幼稚園が行っている預かり保育をこの一時預かり事業として位置づけ、市町村事業として推進していくこととしています。

これらの教育、保育、子育て支援の事業は、市町村が地域のニーズをしっかりと汲み取り、ニーズに基づく供給体制を充実させることとなっています。市町村は、私立幼稚園も含めて、地域の幼児教育の実施にも責任を持って取り組んでいただく必要があり、文部科学省としても、全国の自治体に積極的な対応をお願いしています。

新制度について広く知っていただくため、内閣府・文部科学省・厚生労働省では、「すくすくジャパン! なるほどBOOK」という冊子を作成しました。内閣府のホームページからダウンロードできますので、ぜひ、一度お読みください。

幼稚園 3~5歳
小学校以降の教育の基礎を
つくるための幼児期の教育を行う学校

利用時間:昼過ぎごろまでの教育時間のほか、園により教育時間前後や園の休業中の教育活動(預かり保育)などを実施。
利用できる保護者:制限なし。

認定こども園 0~5歳
教育と保育を一体的に行う施設
幼稚園と保育所の機能や特長をあわせ持ち、地域の子育て支援も行う施設です(平成18年に導入)。新制度では、認可手続きの簡素化などにより、新たな設置や幼稚園・保育所からの移行をしやすくし、さらに普及を図っていきます。

保育園 0~5歳
就労などのため家庭で保育のできない
保育所 保護者に代わって保育する施設

利用時間:夕方までの保育のほか、園により延長保育を実施。
利用できる保護者:共働き世帯など、家庭で保育のできない保護者。

地域型保育 0~2歳
施設(原則20人以上)より少人数の単位で、
0〜2歳の子どもを預かる事業

新制度では、新たに市町村の認可事業とし、待機児童の多い0~2歳児を対象とする事業を増やします。保育施設を新設する場所のない都市部に加えて、子供が減少している地方など、地域の様々な状況に合わせて保育の場を確保します。

林俊宏
文部科学省初等中等教育局 幼児教育課 幼児教育企画官
(併)内閣府子ども・子育て支援新制度準備室企画官
◆認定こども園 www.youho.go.jp

Text >> FUKA SASAHARA
※FQ JAPAN vol.31(2014年夏号)より転載
(2014.7.15up)

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑   第15回 ペアレンティングアワード イクフェスONLINE 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 【急募】ベビー&キッズモデル募集! 12月上旬撮影、トイメーカーHPに出演いただけるお子さんを大募集!...
  2. 「ヘルシー」で「便利な」調理家電。忙しいパパ・ママにおすすめのCOSORI ノンフライヤーの魅力に迫る! ...
  3. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い...
  4. 先輩パパ・ママに聞いた! 絵本の読み聞かせはいつから始める?
  5. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  6. 子供の写真、どれだけ撮れてる? 7割の親が撮り逃す「家族の成長記録」を残せるカメラとは...
  7. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...
  8. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  9. 『産後ケアホテル』がいいらしい。産後ママの身体と心をサポート! 厳選ホテルリスト...
  10. 第2回「育休パパコンテスト」一次審査通過者が決定! グランプリを決める審査がスタート...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.65 | ¥550
2022/12/1発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.63 | ¥0
2022/11/30発行

特別号
「FQKids」

VOL.12 | ¥550
2022/10/15発売

お詫びと訂正

  第15回 ペアレンティングアワード イクフェスONLINE 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局