注目キーワード

インタビュー

映画『オレンジ・ランプ』で認知症の父親を熱演! 和田正人が家庭で大事にしていること

あなたの大切な人が認知症になったら……? 映画『オレンジ・ランプ』は、実話をもとに描かれた、家族の希望と再生の物語である。主人公を演じた、2児の父親でもある和田正人さんに、夫婦関係や子育てで大切にしていることを聞きました。

認知症へのバイアスを払拭
家族の希望と再生の物語

39歳で認知症と診断された父親・丹野智文さんの実話をもとにした映画『オレンジ・ランプ』。彼をモデルにした役・只野晃一を演じたのが、自身も父親である俳優・和田正人だ。

エンドロールが終わり、丹野さんをふと見ると号泣していました」と和田さんは初号試写を振り返る。丹野さんは、和田さんを見て“自分そのもの”に感じたという。クランクイン前、和田さんは時間をかけて丹野さんと会話を重ねた。認知症というと、家族の顔すらわからなくなる、発症したら2年で寝たきりになるといった情報が溢れ、認知症になると普通ではなくなってしまうと捉えられがちだ。

話すと、丹野さんはすごい“フツー”なんです。あ、フツーでいいんだと知り、フツーに演じました。彼は車のトップセールスマンでコミュニケーション力が高くて、ユーモアに溢れ、家族に愛されている、むしろスペックの高い父親です」。

とはいえ実際、丹野さんはたくさんの認知症状を抱えている。

撮影現場で丹野さんに昨日は何を食べたんですかと聞くと、『えっと…忘れちゃった』とケロっと笑ってる。スペックが高いからこそ、できなくなる自分を許せなかっただろうし、失う怖さを知っている人です。だから大切な人との記憶を失っていく認知症の人の不安を想像しながら演じました」。

まるで認知症を楽しんでいるかのような丹野さんの強さを、和田正人はしっかり胸に焼き付けた。

大切なことを忘れないように奥さんの好きなものや2人の娘たちの好物、1日のスケジュールを丁寧にノートに書き留めるシーンがあります。実際に丹野さんが日々やられていることです」。

発症後も同じ職場で働き続け、妻や家族、職場、道行く人にまで自分のことを隠さず伝えて、周りの助けを得ながら気丈に前を向いて進んでいく。只野晃一の姿に認知症への我々のバイアスは完全に払拭される。

ある出会いをきっかけに、只野夫婦は“認知症でも人生を諦めなくてもいい”と気づきます。そこから、今できる精一杯のことに向き合い始めます。この映画は、夫婦の希望と再生の物語です。認知症との向き合い方への新しい切り口を示すことで、人の未来が希望に満ち溢れていると確信できると思います」。
 

父親として、夫としての
真の強さとは?

「両親が離婚したため、父方の祖父母のもとで2歳から中学卒業まで育てられました。なので、父と祖父、そして高校の陸上部の監督の3人を父親だと思っています。特に3人目の父には厳しく育てられました。彼にもらったものは、今も僕の中で生きています」。

そう話す和田正人の強さとしなやかさのルーツは陸上にある。大学時代には箱根駅伝を2度走った本物のアスリートだ。

土佐生まれで、根っこは亭主関白で大雑把(笑)。だけどいつも大事にしていることがあります。それは妻の笑顔です。我が家の幸せのバロメーターですから。疲れているなと感じたら、彼女を楽しませるためにがんばります」と優しいパパの笑顔になる。

子どもたちには、人の悪口を言わない、ちゃんと挨拶する、いつも素直でいなさい、謙虚さを忘れちゃいけないというフツーのことを伝えるだけです」。

今年の夏休みは土佐に帰省し、近くの四万十川で子どもたちと一緒に遊ぶ予定だ。

何もない自然の中で、落ちている枝なんかを使って遊びを開発していく。誰かが用意したものに満足するんじゃなく、自分たちで楽しみを見つけられる。そんな強さを身につけてほしいなと思います」。

本当の強さとはどのようなものなのだろうか。社会福祉においては、「弱さの公開」が真に強い社会の姿とされているそうだ。和田正人が演じる只野晃一は、私たちに父親として夫として何が本当の強さなのかを示してくれる。
 

 

DATA

映画『オレンジ・ランプ』
6/30(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA 他全国ロードショー


妻・真央や二人の娘と暮らす39歳の只野晃一。トップ営業マンの彼に、顧客の名前を忘れるなどの異変が訪れる。くだされた診断は「若年性アルツハイマー型認知症」。驚き、戸惑い、不安に押しつぶされていく晃一。心配のあまり何でもしてあげようとする真央。しかし、ある出会いがきっかけで二人の意識が変わる。「人生を諦めなくていい」と気づいた彼らを取り巻く世界が変わっていく…。39歳で若年性アルツハイマー型認知症と診断されながらも、働きながら講演活動を続けている丹野智文さんの実話に基づき、夫婦の9年間の軌跡を描く物語。

出演:貫地谷しほり 和田正人 伊嵜充則 山田雅人 赤間麻里子/赤井英和 中尾ミエ
監督:三原光尋
原作:山国秀幸「オレンジ・ランプ」(幻冬舎文庫)
配給:ギャガ

© 2022「オレンジ・ランプ」製作委員会

 

PROFILE

和田正人
MASATO WADA


1979年生まれ、高知県出身。2005年に俳優デビュー。主な出演作は、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、TBS「陸王」、CX「純愛ディソナンス」「教場」シリーズ、映画『Fukushima 50』『THE LEGEND&BUTTERFLY』『Winny』など。舞台作品・パルコプロデュース2023「橋からの眺め」への出演も控える。2019年に結婚、1男1女の父。


写真/金子怜史
取材・文/脇谷美佳子
スタイリング/田村和之
ヘアメイク/小林純子

FQ JAPAN VOL.67(2023年夏号)より転載

関連記事

育児アイテム名鑑

アクセスランキング

  1. 1日数時間で!? おむつが外れるトイレトレーニングが凄かった
  2. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  3. 『青春ごっこ』が夫婦関係を密にする【パートナーシップの新常識】
  4. SEXで大事なのは「触れあい」と「思いやり」
  5. 子供が怖い夢を見たらどうする? パパとママがしてあげるべきこと
  6. ペダルが後付けできる! 3歳からのキッズバイク6選
  7. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  8. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」...
  9. 子供が親によくする質問ベスト30を紹介「なぜ空は青いの?」
  10. 産後のママはどんな状態? 妻を支えるために知っておくべき『産後ケアの基本』...

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.69 | ¥550
2023/12/8発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN BABY&KIDS」

VOL.67 | ¥0
2023/11/30発行

特別号
「FQKids」

VOL.17 | ¥715
2024/2/9発売

お詫びと訂正

  第16回 ペアレンティングアワード