意外な事実が! 世界中から集めた早期教育の研究結果

2017.05.08up
 
fq_epp170428_01

「3つ子の魂100まで」という言葉があるが、この言葉は本当だろうか? 日本ではまだ数少ないが、海外では教育効果を探る大規模縦断調査が以前から実施されている。数々の調査で明らかになったエビデンスを紹介。第2弾は「EPPE研究」と「NICHD縦断研究」。

from UK
「EPPE研究」
(EPPE=Effective Preschool and Primary Education)

fq_epp170502_01

「EPPE研究」はイギリスで行われた太規模縦断研究で、就学前教育の「質」に注目しているのが特徴だ。約3000人の3~4歳児が対象となり、子供たちの通うプレスクールの質を3段階に評価。プレスクールに通っていない子供も含めて追跡比較調査が行われた。

表4は、3~4歳児の幼児教育と家庭環境の質が自己調整力発達にどう影響するかを示したもので、家庭環境の質が高いと自己調整力発達に好影響を与えることが分かる。しかし特筆すべきは、丸く囲った家庭環境の質が低い子供が質の高い幼児教育を受けた時の値。これは幼児教育の大きな可能性を示していると言えそうだ。

そして、幼児教育の質と11歳時点での国語(=英語)と数学の成績の関連を示したのが表5。やはり就学前教育の質が、子供の学力にも大きく影響を与えるという結果になっている。

EVIDENCE
幼児教育と家庭環境の質が
自己調整能力や学力に影響あり

 

from USA
「EPPE研究」
(NICHD=National Institute of Child Health and Human Development)

fq_epp170502_02

NICHD縦断研究では、幼稚園や学校での先生との出会いが子供の学力に大きな影響を与えることが判明。表6は、子供の学力と、教師と子供との関係の変化を示している。母親とのふれあいが不安定な状況にある子供は、特に先生との良好な関係が大きな意味を持つことが明らかになった。早期教育が子供に影響を与えるのは家庭環境だけではない。つい親は子供の成長を全て背負った気になってしまうが、家庭の外にいる人の影響のうが大きいものもあると分かる。

EVIDENCE
教師による早期教育も学力向上に大きく影響
 

家庭の経済状況が
子供の学力に影響する日本社会

表7は、家庭の社会経済的背景が与える子供の学力への影響を調査した文部科学省委託研究のデータ。調査結果を見ると、1つもイレギュラーの要素なく、社会経済的背景が高い子供のほうが各教科で平均正答率が高いのだから驚きだ。

fq_epp170502_03

子供に掛けられる教育費だけでなく、子供のために使える時間や手間だって経済事情が関連してくるのだから、当然といえば当然の結果なのかもしれない。世界的に家庭の経済状況による教育格差の問題が話題となっているが、日本でも同様の状況となっていることが分かるデータだ。

ヘックマン教授はアメリカの貧困問題を解決するための手段として、幼児教育の充実を提言している。教育格差の拡大、格差再生産の問題が言われ出している現在の日本。幼児教育にかけられている期待は大きい。

EVIDENCE
家庭の経済状況が良い子は学力が高く
家庭の経済状況が悪い子は学力が低い

 

※FQ JAPAN VOL.41(2017年冬号)より転載

 

関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正