「海外事情」の検索結果

「海外での子育て」に憧れている人は多いが、実際、海外在住のママたちは日本での子育てとは違う大変さを感じているようだ。子育ての悩みを解決するために、夫婦で協力していることとは?

頼れるのはやっぱり夫? 海外駐在のママが感じる”子育ての大変さ”

ミラノにある複合総合施設の一角で、昨年開園した幼稚園『シティライフ』。建物は完全に木だけでできており、ソーラーシステムや水の再利用、リサイクル素材の使用が適用。「子供の教育に最適!」と話題だ。

ウチの子も通わせたい……! 自然の温もりを感じる”最新幼稚園”

世界中の子供たちが待ちわびている一大イベント、クリスマス。フランス・パリの高級百貨店では、子供が描いたキャラクターでクリスマスの飾り付けを行うという、素敵な取り組みを行っている。

貧困の子供たちにプレゼントを! パリ百貨店の慈善活動がスゴい

リンナイが5ヶ国(日本・韓国・アメリカ・ドイツ・デンマーク)の男女を対象に、「共働き」に関する意識調査を実施した。共働き大国アメリカでは家事分担が当たり前のようだが、日本の夫婦はどうなのか……?

日本の共働き夫婦は”家事分担”の意識が低すぎる? アメリカでは9割超え

イギリスでは子供の誕生会を盛大に開くことが多い。そのためレストランに限らず、さまざまな施設が誕生会用に場所を貸し出している。なかには、博物館でパーティーを開く家庭も……!

イギリスの子供の誕生日会が豪華すぎる!? 博物館で祝う家庭も

中国で1979年に導入された「一人っ子政策」が2016年に撤廃した。その後、中国での出生率はどう変化したのか? 海外の子育て事情にクローズアップ。

中国の「一人っ子政策」撤廃効果は? 世界で深刻化する少子化問題

日本・中国・インドネシア・フィンランドの4ヶ国の都市圏の調査によると、日本の父親は、平日の帰宅時間が図抜けて遅いことがわかった。その限られた時間の中でも、育児や家事については健闘しているようだ。

日本のパパは、帰宅が遅くても家事や育児をがんばっていた!

ドイツの人口規模の合計特殊出生率が1.59となり、高水準に達した。もちろん、安定には、出生率を2.1まで上げる必要があるとする専門家もいる。しかし、注目すべきは、男性が育児参加する場合の課題である。

ドイツの出生率が上昇!! しかし、男性の育児参加の課題が!?

バンクーバーに住むエーロン・ダッドリーさんは家ではやさしくて楽しいDAD。でも、週末スポーツチームをまとめているときは自然といつもと違う表情が出てくる。そんな社会の顔を子供に見せることも子育ての一環、と語るカナダのDADを取材した。

全国の父親に教えたい! カナダ人パパが実践する“休日育児”とは?

日本でも幼稚園・保育園の無償化への動きが注目されているが、フランスでは義務教育年齢を現行の6歳から3歳へ引き下げる方針が示されたという。その目的とは?

貧困地域の教育格差をなくせ! 仏が義務教育年齢を引き下げ

1 2 3 10

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 「パパの産後うつ」が増加中!? 育児のイライラを解消する”7つの方法”
  2. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  3. 伊勢谷友介さん&龜石太夏匡さんにインタビュー! “SDGs時代”に父親がすべきことは?
  4. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  5. 我が子の才能を引き出す10の方法
  6. 【妊娠中期】安定期にやるべき”17のこと”旅行や保育園見学も今のうち!
  7. ストライダーを2歳から始めた方が良い理由
  8. 【4月上旬都内ロケ撮影】ベビー&キッズモデル募集!
  9. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  10. パパは意外と知らない!? 育児中のママが”本当に欲しいもの”とは?

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.50 / ¥500
2019年3月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.48 / ¥0
2019年2月28日発行

お詫びと訂正

第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局