「住宅」の検索結果

結婚や出産をきっかけに家の"住み替え"を考える人は多いはず。引っ越しのタイミングは子供が生まれる前? 生まれた後? 家探しのコツは? 気になるポイントを解説!

出産前のパパママは知っておくべき! 引っ越しと家探しのポイントは?

仕事に家事、育児と、現代の夫婦にはやるべきことが盛りだくさん。忙しい2人を支え、家族の絆を強くしてくれるのが、アメリカ生まれのミルクリークの家だ。特徴は、玄関からリビング、ダイニング、キッチンまでが1つの空間となった「オープンプランニング」。

支え合うから夫婦の絆も深まる! アメリカ式共働きスタイルとは

退社してもなかなか家に帰らない「フラリーマン」がパパ世代に増えている。家に帰りたくないのは、住宅に問題があるのかもしれない……。パパが「早く帰りたい!」と思えるのはどんな家だろう。

パパの書斎や秘密基地も! 理想的すぎる「イクメン認定住宅」って?

自宅でも気軽にアウトドア気分を感じられる、おうちキャンプが流行中! 移動距離ゼロのおうちでなら、遠出が不安な小さい子供が一緒でも気負わずチャレンジできる。今回は、セキスイハイムが提案するおうちキャンプの楽しみ方を、ちょっとだけ紹介しよう。

わが家を最大の遊び場にする“おうちキャンプ”、始めてみる?

子供が出来て、家の購入やリフォームなどを考え始める人もいるのでは。しかし、「家づくり」が原因で夫婦関係に亀裂が生じることも。アメリカで実施された調査によると、12%もの夫婦がリフォームやリノベーションの過程で別居や離婚を考えるという。 

家づくりが原因で離婚も!? 「家づくりとパートナーとの関係性」

会社も働く土地も変えないまま、三島に移住。夫婦揃って毎日新幹線通勤という暮らしの変化に、「デメリットはひとつもない」と話す理由とは? 働き方改革を支援する株式会社ワーク・ライフバランスでコンサルタントを務める松久さんに聞いた。

子育て環境「都内で働きながら移住」というライフシフトのメリットとは

東京23区のうち、特に人気のある14区を対象にした調査によると、最も待機児童が少ないのは千代田区と豊島区だった。また、私立中学校への進学者の割合が最も高いのは、文京区だという。

待機児童の少なさは千代田区と豊島区、私立中進学率は文京区がトップ

これから先の人生は、どんな場所で、どんな暮らしを楽しみたい? スタイリッシュな木の家での暮らしを体験できる「LOGWAY」で、家族の未来を想像してみよう。

未来の暮らしを体験できるBESSの「遊び場」がオープン!

子供が小さいうちは、子供部屋を用意せず、寝るときは親子一緒に寝ている……という家族も少なくないのでは。しかし、アジアの一部以外のほとんどの国は、赤ちゃんのころから子供を一人で寝かせている。子供の自立を促すダイナミックな世界の子供部屋をご紹介!

世界のユニークな子供部屋! 創造力が育つ空間に

家族の快適と安心を包み込むのが家の役割だとしたら、家こそ最先端の技術を取り入れるべき場所ではないだろうか。最新のIoT装備を叶えた東急ホームズの「Millcreek」から、家族の暮らしがどう変わるかを見てみよう。

タブレットで、スマートスピーカーで、家と家族がもっとつながる。

1 2 3

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 全国のパパ必見! 頑張っている妻に贈る「母の日の一生の思い出」とは?
  2. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  3. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  4. 【妊娠中期】安定期にやるべき”17のこと”旅行や保育園見学も今のうち!
  5. パパだからこそできる! 娘に伝えるべき「4つの教え」とは?
  6. 我が子の才能を引き出す10の方法
  7. 幻想的すぎる……! 世界最先端の体験型アート『アイランドルミナ』って?
  8. 父親の立ち会い出産体験記:妻もドン引きする行為とは?
  9. 家族みんなでぐっすり眠ろう! 心地よい睡眠講座
  10. 週末に家族で行きたい! 子供と楽しむ「最新体験型アートスポット」6選

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.50 / ¥500
2019年3月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.48 / ¥0
2019年2月28日発行

お詫びと訂正

第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局