リサイクル・サイクリングで
エコ&国際感覚を身につける!

2014.05.06up
 

毎年春、スペインでスタートし、最終地はポーランド、という子供のためのサイクリング大会が行われる。これは、『リサイクル・サイクリング』と呼ばれる『ヨーロピアン・モビリティ週間』行事の一環だ。子供たちは、リサイクル可能なプラスチックや木でできた玩具や文房具などを自転車で運び、ポーランドのリサイクル工場で資源再利用の重要性を学ぶのだ。訪問国の子供たちと触れ合い、玩具を交換するのも楽しみなイベントだ。

このイベントでは、交通ルールの基本も 学べるため、親たちからも大好評だという。

このイベントでは、交通ルールの基本も学べるため、親たちからも大好評だという。

最終目的地のポーランドで、現地の子 供たちや参加者と遊ぶ機会があるので、国 際感覚を磨くことができる。

最終目的地のポーランドで、現地の子供たちや参加者と遊ぶ機会があるので、国際感覚を磨くことができる。

Text >> VAN.W.KAORU

※FQ JAPAN vol.30(2014年春号)より転載
(2014.5.6up)

 

関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正