時事・コラム

子供の自主性を高めるには? サドベリー教育で学べる重要な「気付き」

子供の自主性や意欲を高めるには、意外にも「ぼーっとしている時間」が重要だ。習い事や勉強を強制させるだけでは決して学べない大切な「気付き」をサドベリー教育は尊重する。そんなサドベリー教育の理念や教育法を見ていこう。

子供に強制をしない!
サドベリー教育とは?

サドベリー教育はニューヨークのコロンビア大学で物理学や科学史を教えていたダニエル・グリーンバーグが、理想の教育を実現するため、1968年にサドベリー・バレー・スクールを開いたのがはじまりだ。

「この学校の目的は、学習が自己の動機、自己管理、自己批判によって最善のかたちでもたらされるとの原則に基づき、コミュニティとしての教育環境を創設、維持するものである」(サドベリー・バレーの規則より)という理念のもと運営されている。


子供たちに一切の強制をせず、一日中遊んでいてもいい。また、子供たちが「教えてほしい」と思ったときに「協定」を結ぶことで〈クラス〉が成立し授業が行われるのが特徴だ。学校のルールの制定、予算管理、スタッフの採用・解雇など、学校運営のすべての決定に子供たちが関わる。最高決定機関である「全校集会」で子供もスタッフも同等に1人1票の権利をもち「民主主義の学校」ともいわれている。

<サドベリー教育のキーワード>

●人間は生まれつき好奇心をもっている
●自分のしたいことをすれば最適な学びが得られる
●大人の手助けが必要な場合は「協定」を結ぶ
●大人と子供は対等な発言権をもつ

自発性や意欲が
生まれる仕組み

「充実していて豊か」な人生をおくるには自分自身のモノサシが必要だ。それがそのひとにとっての「人生の羅針盤」になる。自分の「人生の羅針盤」の存在に気づき、それを使いこなせるようになるためには、実はぼーっとする時間が大切。ぼーっとする時間から自発性や意欲が生まれるのだ。

教育熱心な親は、たくさんの習いごとをやらせたり、幼児教育を受けさせたり、塾に通わせたりするが、その手のことをやりすぎて、子供からぼーっとする時間を奪ってしまうのは非常に残念なことだ。


FQ JAPAN 最新号は
「英語・プログラミング教育」特集!

 


TEXT:TOSHIMASA OTA

FQ JAPAN VOL.51より転載

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 高級チャイルドシートの使用モニター大募集! 使用後はそのままプレゼント!
  2. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  3. 【妊娠中期】安定期にやるべき”17のこと”旅行や保育園見学も今のうち!
  4. 【妊娠初期】妊娠したらまず何をする? 夫婦の”やることリスト”
  5. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  6. 子供の成長を助けるのはコレ! “手作りおもちゃ”がオススメな理由は?
  7. パパになったら絶対に使いたい! 子育てが圧倒的に楽しくなる厳選「父親向け育児アプリ」
  8. 日本人がセックスレスになりやすい理由は? 1年で約140回のギリシャ夫婦との違い
  9. 【妊娠後期】これだけはやっておくべき! 出産直前の準備リスト
  10. 1日集中トイレトレーニング【準備編】

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.51 / ¥500
2019年6月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

vol.49 / ¥0
2019年5月31日発行

お詫びと訂正

第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局