基礎知識

海外出産ではお馴染みの「ドゥーラ」とは? 妻の妊娠後に夫がすべきこと

海外の一部では、産前・産後の女性をサポートする「ドゥーラ」という職業が存在する。日本でその代わりとなるのは、夫だ。妻が妊娠してから、出産、育児を共に行っていくために、夫はどんな準備をすべきだろうか?

出産と育児をサポートする
「ドゥーラ」とは?

アメリカやカナダなど海外の一部地域には「ドゥーラ」と呼ばれる、産前・産後の女性とその家族を支えるプロが存在する。ドゥーラは、ギリシャ語で”助ける人”を意味するそうだ。

日本ではあまり馴染みないが、ドゥーラの代わりになるのは、助産師のほかに、夫のあなたも当てはまる。妻をフォローするには、どんな準備や心構えが必要なのだろうか? 産前・陣痛中・産後の3つのシーンに分けてご紹介しよう。



産前は出産のシミュレーションや
入院バッグの用意を

妻に陣痛がやってくる前に、出産時のシュミレーションをしておくと良いだろう。妻があなたに何を望んでいるのか知っておくのが重要だ。様々な状況に合わせて対応できるよう、あらかじめ取るべき行動を考えておこう。

もし初産なら、夫婦揃って両親学級にいくのが無難。出産の手順について多くのことを学べるし、もしかしたら同じ時期に出産する友人と出会えるかもしれない。家の近くで行われている良い両親学級を探して、予約しよう。

また、出産当日までは何が起こるかわからない。早めに入院バッグを用意しておくと安心だ。

コレだけは揃えたい!【入院バッグの中身リスト】

陣痛中は落ち着いて、
妻に励ましの言葉をかけよう

陣痛が長引くようであれば、散歩やテレビ鑑賞、テレビゲームなどに付き合ってあげるとよい。妻が健康を保てるよう、食事と飲み物の準備を忘れてはいけない。

妻が分娩中に苦しんでいるのを見るのは辛いことだ。自分が無能で役立たずだと感じてしまうかもしれないが、心配することはない。あなたが側にいてくれるだけで、妻は安心し、喜びを感じているのだ。

分娩中は常に落ち着いて行動し、励ましの言葉をかけることで、妻の心と体をリラックスさせられる。そうすれば、赤ちゃんもスムーズに生まれてきてくれるはずだ。

産後は家事よりも
妻と子供のことを第一に!

産後数週間、あなたにとって最も重要なことは、妻と赤ちゃんが快適に過ごせることだ。

母乳育児であれば、妻と赤ちゃんの双方にとって辛い時期が少なからず続くだろう。彼女を励ましつつ、必要なときは助産師に相談するなどの対応を取ろう。


TEXT:スティーブン・ホワイト

兄弟誌FQ UKより転載

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 黒板に向く授業はしない!? 日本初の「イエナプラン教育」を導入した小学校が設立!
  2. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  3. 【妊娠中期】安定期にやるべき”17のこと”旅行や保育園見学も今のうち!
  4. 【妊娠初期】妊娠したらまず何をする? 夫婦の”やることリスト”
  5. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  6. 我が子の才能を引き出す10の方法
  7. “おしごと”が子供の集中力を高める!? モンテッソーリで重視される「自己教育力」とは
  8. 宮台真司氏が勧める「モテ教育」とは? 子供を魅力的な人間に育てる方法
  9. 【妊娠後期】これだけはやっておくべき! 出産直前の準備リスト
  10. 1日集中トイレトレーニング【準備編】

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.51 / ¥500
2019年6月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

vol.49 / ¥0
2019年5月31日発行

お詫びと訂正

第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局