おでかけ

パパと子供だけでお出かけしよう!「父子旅」のコツとアイディア

夏旅を控えるパパたちに、父と子の絆を深めるアイディア&思い出を残すコツを紹介! 先輩パパたちはどんな工夫をしてきたのか早速見ていこう!

父子旅の絆を深める
10のアイディア

その1)運転しているヒマはない! 移動コミュニケーションがキモ。

「荷物を詰めるし、乗り換えの煩わしさもない車がラク!」は結果的にソン!? 待望の子供との2人きりの時間、コミュニケーションをガッツリ取らなきゃもったいない。電車、バスなど公共の移動手段ならば、運転に集中する必要がないので、我が子との会話が圧倒的に弾む!

その2)ママにはできない、パパならではの肩車!

「パパ→肩車→ 楽しい→パパ最高ッ♪」の法則で子供のハートをゲット!

その3)大浴場は子供が社会性を学ぶ格好の場。

オムツが外れていないなら客室風呂でしっぽりと! ちなみに、銭湯だって立派なプチ父子旅。

その4)食べさせたいときに食べさせる!

父子の食事はゆとりのある時間づくりを。急かして無理矢理食べさせるのはNG。


その5)「パパといるとワクワクするッ!」子供はパパとの冒険を待っている

せっかくの父子旅なのだから、いつもと同じじゃつまらない! 当然だけど、子供は観光なんかに興味はなくて、緑に囲まれた広い場所で思い切り遊びたいもの。どうせなら、スポーツ観戦やアウトドアなど自分の得意なフィールドに引き込もう。子供から尊敬の眼差しを簡単に奪える。

その6)普段の育児経験値が試されるとき! ママも知らない寝かしつけの裏技とは?

例えば本を読んであげたり、牛乳を飲ませたり。就寝前の習慣は、奇をてらわずいつも通りに。また、慣れない寝具には、家のニオイがする毛布やタオルケットでくるむのが裏技。それだけで魔法のように落ち着く。普段から寝かしつけを手伝っているか、パパの育児手腕が試される……。

その7)公共の場で「ママがいな〜い!」(大泣)最大のピンチからの脱し方

ここで大切なのは、まずパパ自身が落ち着くこと! パパの動揺は子供に伝わってしまう。人が集まる場所であれば静かな場所へ行き、ママのように優しく抱きしめて落ち着かせよう。大丈夫。必ずいつかは泣き止むのだから、パパは気長に待っていればいい。


その8)ママにナイショごとをつくる! これ、父子の絆を深めるには最高の手段

子供が誰かと秘密を共有することは、「子供が依存から自立へと成長する過程において、大きな役割を果たす」と心理学的に言われている。つまり、ママの知らない“旅の思い出”を共有することは、こっそり我が子との絆を深める大チャンス。普段、子供との関係に悩むアナタは、これを見逃す手はない!

その9)ママへのお土産は父子の手作りモノを。

すると思い出はより深いものに! しかもママも大喜び。これ鉄板。


その10)兄弟がいても、できるかぎりマンツー旅行を。

1人の子供と過ごすことに父子旅の良さあり。下の子は来年のお楽しみ。

12

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 第10回 ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 我が子の才能を引き出す10の方法
  4. 涙を見せない男たちが号泣するのは、”初めて我が子を腕に抱くとき”
  5. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」
  6. 子は育てるものか、育つものか?”「勝ち組」は情けない存在”の真意とは
  7. ストライダーを2歳から始めた方が良い理由
  8. 水嶋ヒロ、妻の産後復帰を支えた睡眠メソッド
  9. 帰宅したくない…パパが“フラリーマン”になる理由
  10. パパにとっても安心・便利・快適! 子連れキャンプ計画の立て方

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.47 / ¥500
2018年6月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.45 / ¥0
2018年6月7日発行

お詫びと訂正

第10回 ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局