時事・コラム

意外と多い!? 「妊婦健診のパパ同行」5回以上が6割、10回以上は3割

父親の実態を調査したアンケートで、おおよそ半数以上のパパが、2回に1回以上の妊婦健診に同行していることがわかった。さらに3割のパパは、ほぼ毎回付き添っているようだ。

パパの半数が2回に1回以上
ママの妊婦健診に付き添い

パパの実態を調査する「FQ JAPAN総研」は、現在子育て中のパパ、および現在妻が妊娠しているパパ予備軍の読者に対して、アンケート形式のインターネット調査を実施した。調査期間は7月10~31日。

「産(婦人)科には何回行きましたか?」との質問に対しての回答は、「5~9回(29%)」と「10回以上(29%)」の2つが同率トップで並んだ。合計すると約6割のパパが、ママの妊婦健診に5回以上同行していることが明らかになった。

厚生労働省では、標準的な妊婦健診の例として、妊娠初期から出産までの健診回数を14回としている。これをモデルケースとすると、おおよそ半数以上のパパが、2回に1回以上のペースで妊婦健診に同行していることになる。さらに、3割のパパはほぼ毎回付き添っている計算だ。

参考:妊婦健診を受けましょう(リーフレット)(PDF)

妻の妊娠を知って
最初に調べたことは?

「第1子の妊娠がわかったとき、一番最初にインターネットでどんなことを調べましたか?」との質問(自由記述形式)への回答の上位5項目をまとめると、以下のようになった。

・1位 名前
・2位 赤ちゃんの成長過程
・3位 妊娠中の妻のケア
・4位 つわり
・4位 出産準備

最も多かったのが「名前」、次いで2位は「赤ちゃんの成長過程」となり、上位2つが生まれてくる子供に関する事柄となった。

その一方で、3位は「妊娠中の妻のケア」、4位には同率で「つわり」と「出産準備」が並ぶ。さらに少し離れた6位には「妊娠中の食事(7.0%)」が入った。妊娠中の妻に対して、夫である自分はどのように接すべきかを調べていることがわかった。

男はどんなタイミングで
父性に目覚めるのか?

「父性を感じた(パパになったと実感した)瞬間はいつですか?」との質問(選択式)に対しては、1位が「出産時に子供を抱いたとき(27.2%)」、2位が「妻の出産に立ち会ったとき(14.6%)」。人生の大きなターニングポイントとなる妻の出産を経て、父親になったことを実感する人が多いことがわかる。

また、3位「子供に『パパ』と初めて呼ばれたとき(10.8%)」、4位「寝顔を見ているとき(10.1%)」も、10%以上の回答を得ている。子供が生まれてしばらく経ってから、父親としての自覚が芽生えるという意見も多いようだ。

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 黒板に向く授業はしない!? 日本初の「イエナプラン教育」を導入した小学校が設立!
  2. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  3. 【妊娠中期】安定期にやるべき”17のこと”旅行や保育園見学も今のうち!
  4. 【妊娠初期】妊娠したらまず何をする? 夫婦の”やることリスト”
  5. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  6. “おしごと”が子供の集中力を高める!? モンテッソーリで重視される「自己教育力」とは
  7. 我が子の才能を引き出す10の方法
  8. 【妊娠後期】これだけはやっておくべき! 出産直前の準備リスト
  9. 宮台真司氏が勧める「モテ教育」とは? 子供を魅力的な人間に育てる方法
  10. 1日集中トイレトレーニング【準備編】

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.51 / ¥500
2019年6月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

vol.49 / ¥0
2019年5月31日発行

お詫びと訂正

第11回ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局