時事・コラム

ドイツの出生率が上昇!! しかし、男性の育児参加の課題が!?

ドイツの人口規模の合計特殊出生率が1.59となり、高水準に達した。もちろん、安定には、出生率を2.1まで上げる必要があるとする専門家もいる。しかし、注目すべきは、男性が育児参加する場合の課題である。

男性の育児参加の課題とは?

ドイツの2016年の合計特殊出生率(1人の女性が15~49歳までに産む子供の数の平均)が1.59となり、1970年代以来の高水準に達した。要因の1つが移民による出生数の急増だが、加えて政府の子育て支援が実を結んだともいえる。

例えば、両親ともに仕事を最大3年休むことができ、最大14ヶ月間、給与の67%の手当を受給できる「両親時間」や、託児施設の増設などだ。

もちろん解決すべき問題もある。父親の5人中4人は最低期間の2ヶ月仕事を休むだけであり、やはり育児の大半は母親が担っている。今後は男性が休みやすい社会環境づくりが必要となるだろう。


FQ JAPAN VOL.47より転載

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 第10回 ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 我が子の才能を引き出す10の方法
  4. 涙を見せない男たちが号泣するのは、”初めて我が子を腕に抱くとき”
  5. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」
  6. 子は育てるものか、育つものか?”「勝ち組」は情けない存在”の真意とは
  7. ストライダーを2歳から始めた方が良い理由
  8. 水嶋ヒロ、妻の産後復帰を支えた睡眠メソッド
  9. 帰宅したくない…パパが“フラリーマン”になる理由
  10. パパにとっても安心・便利・快適! 子連れキャンプ計画の立て方

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.47 / ¥500
2018年6月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.45 / ¥0
2018年6月7日発行

お詫びと訂正

第10回 ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局