インタビュー

鈴木おさむ「子供の気持ちを大切にしたい」

初監督作品となる映画『ラブ×ドック』が5月11日(金)より公開中の、鈴木おさむさん。妻の2年間の妊活休業、パパの1年間の育休など、子育て世代が注目する彼の父親論とは?

パパもママも楽しめる
大人のためのラブコメ

放送作家で、ドラマや映画の脚本を数多く手がけ、小説も執筆するなど多方面で活躍する鈴木おさむさんが、ついに、映画監督デビューを果たす。吉田羊さんを主演に迎えた初監督作『ラブ×ドック』は、恋からは遠ざかっているパパやママも楽しめる、“大人のため”のラブコメディー。

「アラフォーで仕事に邁進するパティシエ役の吉田羊さん、シングルマザーで人気グルメブロガー役の大久保佳代子さん。ママたちには、この2人の恋愛模様に過去の自分を重ね合わせたり、もしも結婚していなかったら……と想像を膨らませたりしながら、楽しんでもらえると思います。一方のパパたちは、職場で不倫する吉田鋼太郎さんにリアルを感じて心がざわつくだろうし、広末涼子さん演じる恋愛クリニック「ラブドック」の先生の言葉は、耳が痛いんじゃないかな(笑)。キラキラした10代の恋愛には共感できない人でも、さまざまな立場で楽しめる恋愛映画です」。

『ラブ×ドック』の脚本を執筆したのは、妻でお笑いトリオ森三中の大島美幸さんが、長男の笑福くんを妊娠しているときだったという。

「毎年、正月休みは海外旅行が恒例だったけど、2015年の正月は、妊娠中で何かあったら怖いからって、自宅で過ごすことにしたんです。で、せっかくなら、お腹に子供がいる間にすごく大事なことをしようと思い立って、この映画の脚本を書くことにしました。しかも、ただ書くんじゃなくて、自分がもっとも苦手とする、コツコツ取り組むことにも挑戦しようと、1月1日から31日まで表を作って、毎日2時間くらい書いたら丸をつけて(笑)。子供みたいだけど、そうでもしなきゃ毎日書けないから。でも、ちゃんと予定通り1ヶ月で第一稿が書き上がりましたからね。やればできるんですよ(笑)」。

子供のやりたい気持ちを
大切に扱ってあげたい

2015年6月に笑福くんが誕生すると、育休を“父勉“と名付け、放送作家業を1年間お休みした。

「休業期間を設けたのは、妊活で2年間仕事を休んでいた妻を先に復帰させたかった、という理由が大きかったです。その結果、0歳から1歳、人が動物から人間へと成長していく過程をつぶさに見られたのは、すごくよかったです。あの時間が、僕と息子の絆を強くしましたよね」。

1歳以降の子育てとは成長の過程や時間の密度が異なり、とてつもない絆が生まれるのを感じたそう。

そんな息子さんとはいま、友達のような関係でもあり、大切でとても愛おしい存在ではあるけれど、頭の片隅には常に、これは息子の人生だと、冷静な目で見ている自分もいるという。自分で選択したことであれば後悔は少ないはず。そう考えるようになったのには、幼い頃の自身の体験が影響している。

「僕の実家はスポーツ用品店なんです。町にサッカーチームがあって、当時ブームだったから僕はなんとなく入っちゃって、それをすごく後悔しているんですよ。小学生から高校まで続けてもうまくならなくて、万年補欠。そこで抱いた悶々とした思いが放送作家の原点なのは確かだけど、自分の気持ちじゃなく、なんとなくの空気で始めたことが、いまでも引っかかってる。だからこそ息子の気持ちは大切に扱いたいな、って」。

PROFILE

鈴木おさむ OSAMU SUZUKI
放送作家。1972年、千葉県出身。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。バラエティーを中心に多くのヒット番組の構成を担当。映画・ドラマの脚本や舞台の作演出、小説の執筆など多方面で活躍。2002年10月、交際期間0日で森三中 大島美幸さんと結婚。2015年6月、長男の笑福くん誕生。「『いい夫婦の日』パートナー・オブ・ザ・イヤー 2009」、第9回ペアレンティングアワード カップル部門受賞。

映画『ラブ×ドック』
5月11日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国公開中!


とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。そこは恋愛体質の人にこそ、意味のある場所。ある日訪れたのは人気パティシエの剛田飛鳥(吉田 羊)。人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事を無くし、親友を無くしてきた。そんな飛鳥に、魅惑の女医・冬木玲子(広末涼子)が処方したのは、遺伝子から抽出したという、特別な薬。これを打てば危険な恋愛をストップできるという優れもの? 果たして彼女の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか? いくつになっても恋をしたい! 人生を楽しみたい! でも理想と現実がかみ合わない……。そんな女性たちに贈る、遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブコメディ!

◆監督・脚本:鈴木おさむ
◆キャスト:吉田 羊、野村周平、大久保佳代子、成田 凌/広末涼子、吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏
◆配給:アスミック・エース
◆公式サイト:映画「ラブ×ドック」公式サイト

©2018『ラブ×ドック』製作委員会


Photo » NATSUKI MATSUO(OHKAWA NAOTO Photography.inc)
Text » YUKI IMATOMI

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 ママキッズ2018 第10回 ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 我が子の才能を引き出す10の方法
  4. ストライダーを2歳から始めた方が良い理由
  5. 男が「父親」に覚醒するための10の処方箋
  6. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」
  7. 子供のケガ応急処置マニュアル
  8. 美しい子供椅子100 ~デザイン性の高い人気キッズチェア~
  9. 平成最後の夏! 「8月生まれの赤ちゃん」に人気の名前ランキング
  10. 出産に立ち会う際、父親が覚悟すべきこととは?

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.48 / ¥500
2018年9月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.46 / ¥0
2018年8月31日発行

お詫びと訂正

ママキッズ2018 第10回 ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局