時事・コラム

帰宅したくない…パパが“フラリーマン”になる理由

働き方改革が進む一方で、職場環境も社員の意識も進まず大きな矛盾を抱える社会情勢のなか"フラリーマン"が話題になっている。その心理を精神科医の香山リカ先生が読み解くと、彼らだけを責められない理由があった。

“フラリーマン”の姿に
子育てママから怒りの声

“フラリーマン”という言葉をご存知でしょうか。仕事が早く終わっても真っ直ぐ家に帰らない男たちをNHKが昨年9月に取り上げ、その後ネットや多くのメディアで大きな反響を呼びました。

子育て世代からは「ナチュラルに腹が立つ」「うちならぜったい離婚」「パートナーには許可を取った方がいい」「どこにいるのか連絡がないと心配する」といった”怒りの声”が多く上がり、かたや60代の女性からは「早く帰宅されても対応に困る」といった賛成派の声も聞かれ、意見が真っ二つに分かれています。

私は月に2度ほど、産業医としていくつかの企業を訪問するのですが、そこのカウンセリングでは、働き方改革による多数の副作用、つまり現代社会が抱える矛盾が明確に浮き彫りにされます。フラリーマンが非難されるのもよくわかりますが、その心理にはそうせざるを得ない深い理由があるのです。

“フラリーマン”の心理とは?
真っ直ぐ家に帰らない理由

1つは、職場のストレス解消。過労死や精神的なハラスメントによる自殺が増加し、安倍首相は2016年9月から働き方改革の取り組みをスタートしました。ところが退社時間を優遇されるのは主に20代の若手社員。業務量は減らないために働き盛りの30〜40代(子育て世代)にシワ寄せがきています。毎日仕事が終わるたび、達成感を味わうどころか、燃え尽きたような虚しさを感じるといいます。当然そのストレスを家庭で発散することはできません。

2つ目が「自分の時間が欲しい」という訴え。自分、つまり夫でもなくパパでもなく◯X社の営業マンでもない匿名の自分。特に何かをしたいわけではなく「何をしてもいい時間=自由」を求めているのです。

3つ目は、家に帰りたくない何かしらの理由が家庭にある場合。例えば「家事や育児を機械的に無理やり妻に分担され、うまくできないと今度はひどく叱られる」といった声です。帰りが少し遅いと「何をしていたの?」と責められるといいます。

 

 

12

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 第10回 ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 父親が知っておくべきサバイバル術&アウトドア術
  4. 我が子の才能を引き出す10の方法
  5. 育児小説<野郎のための妊娠ガイド>第6話「キックオフ」(1)
  6. 子供が小学校に通うまでに一緒に過ごせる時間は、人生の1%だけ!?
  7. 子供とのアウトドアを120%楽しむコツとアイデア
  8. 育児小説<野郎のための妊娠ガイド>第6話「キックオフ」(2)
  9. 6~8月が勝負!? イマドキの「ランドセル」購入事情
  10. 美しい子供椅子100 ~デザイン性の高い人気キッズチェア~

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.46 / ¥500
2018年3月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.44 / ¥0
2018年3月10日発行

お詫びと訂正

第10回 ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局