アイテム

カゼの重症化や中耳炎予防に! 電動鼻水吸引器

マスク姿の人が目立ち始める冬は風邪が流行する季節。赤ちゃんを持つパパ&ママにとっては、ちょっとした風邪でも心配の種になる。重症化を防ぐために重要な、鼻水吸引をサポートする強力アイテムが登場だ。

鼻がかめない赤ちゃんも
自宅ですっきり鼻水吸引

気温が下がり空気が乾燥する冬は、赤ちゃんの風邪が増える季節。鼻水や鼻づまりで息苦しそうな我が子を見るのは本当につらいもの。また最近では、鼻水ケアが風邪の重症化や中耳炎、結膜炎、気管支炎の予防に効果があることがわかってきた。

赤ちゃんの鼻水を自宅で簡単にケアできるアイテムとして、多くの医師が推奨するのが「メルシーポット」だ。耳鼻科と同等の吸引力を誇るパワフルな電動鼻水吸引器で、ネバネバした鼻水もしっかり吸い取ってくれる。

最新モデルのメルシーポット S-503

パーツごとに取り外し可能。

操作は手軽で、スイッチをつけてノズルを鼻に入れるだけでOK。今まで口で鼻水を吸引して、赤ちゃんの風邪がうつった経験があるパパやママも、これなら二次感染の心配がなくなる。

 

 

サイズも高さ16cm、重さ0.8kgとコンパクトで、持ち運びラクラク。さらに、すべての部品が塩素系消毒剤で消毒可能なので、とても衛生的だ。

これさえあればパパも赤ちゃんの鼻水ケアが簡単にできる。赤ちゃんの健康を守るためにもぜひ準備しておきたい。

DATA

シースター株式会社
TEL:03-4511-8855

関連記事

フリーマガジン

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑 第10回 ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局
世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. あなたの子供に似合う髪型は? 人気ヘアスタイル50選!
  2. 子供の将来は父親の賢さ次第!「モンテッソーリ教育」とは
  3. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  4. 涙を見せない男たちが号泣するのは、”初めて我が子を腕に抱くとき”
  5. 我が子の才能を引き出す10の方法
  6. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」
  7. ストライダーを2歳から始めた方が良い理由
  8. 子は育てるものか、育つものか?”「勝ち組」は情けない存在”の真意とは
  9. 水嶋ヒロ、妻の産後復帰を支えた睡眠メソッド
  10. パパが乗りたい! オフロードでも大活躍する「アクティブSUV」4選!

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.47 / ¥500
2018年6月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.45 / ¥0
2018年6月7日発行

お詫びと訂正

第10回 ペアレンティングアワード リトル・ママ東京 女性応援ポータルサイト | 内閣府男女共同参画局