インタビュー

クリエイターを育てるカギは幼少期に与える玩具!?

販売台数世界NO.1のダイキャストカーブランド「ホットウィール」の カリスマデザイナー、日系アメリカ人・ジュン イマイ氏をFQ JAPAN編集部が直撃インタビュー! 年間400車種を生み出すデザイナーとして、成功した秘訣は? そして、2人の子供の父親でもあるイマイ氏のクリエイター的子育てとは?

子供の頃、母がくれたホットウィールが
僕をデザイナーにした

―― ホットウィールといえば、1968年誕生以来、年間400車種以上を発売し、150ヶ国以上の子供たちに愛され続けている、販売台数世界NO.1のダイキャストカーブランドですね。

むしろ、熱くなっているのは子供より僕たち大人のほうかもしれないよ(笑)。コレクターアイテムとしてくすぐられるし、なにより見た目のカッコよさだけじゃなく、世界一速いミニカーとして高速走行にも耐えられる、摩擦抵抗の少ない車軸やサスペンションを採用しているからね。僕がデザインするようになってから13年になるけど、ホットウィールがもうすぐ50年目を迎えられるのは、そんな理由もあると思う。

―― イマイさんとホットウィールの出会いは?

僕が初めてホットウィールに出会ったのは、小学1年生のとき。母が僕に買ってくれたんだ。そのホットウィールというのが、1981年デビューの「the Dixie Challenger」さ。クールでしょ? 包みを開けた瞬間、血が騒いで、心に閃光が走ったんだ。ピカッと、ね。以来、僕の人生はホットウィールとともに歩んできたんだけど、モデルチェンジしながらこうして今なおラインナップされているって本当にすごいことだ。


現代でも人気を誇る、「the Dixie Challenger」の最新モデル。

―― はじめて買ってもらった「the Dixie Challenger」は今でも宝物?

もちろんさ。今は僕の3歳の息子が夢中になってそれで遊んでいるよ。僕が夢中になったようにね。一方、6歳の娘は、観客エリアでクールに傍観してるけどね(笑)。

―― では、子供の頃出会ったホットウィールがイマイさんをデザイナーという仕事に導いたのですね。

その通り。僕がいまこうしてデザイナーとしてここにいるのは、母が「きっかけ」をくれたからさ。ホットウィールのデザイナーになるのは、僕にとって当然の成り行きだったよ。

>> 次ページ クリエイター的子育て論を語る

 

12

関連記事

世界のベビーカー名鑑 世界の抱っこひも名鑑 世界のchildsheet名鑑

特集企画

アクセスランキング

  1. 人気企画「キッズヘア・コレクション」をまとめてチェック! キッズヘア・カタログ
  2. 子供に自信をつけさせるメンタルトレーニング
  3. 我が子の才能を引き出す10の方法
  4. 我が子のトイレトレーニング10の作戦
  5. 布団にダニ100万!? アレルギーから守るレイコップRN
  6. 美しい子供椅子100 ~デザイン性の高い人気キッズチェア~
  7. 雨でもおもいっきり体を動かせる「子供向け屋内アスレチック」
  8. 人気急上昇! インスタで話題の”カリスマパパ”たち
  9. 【緊急募集】ベビー・キッズモデル募集
  10. アンパンマンの新作映画! 親子鑑賞券プレゼント!

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「FQ JAPAN」

VOL.43 / ¥500
2017年6月1日発売

フリーマガジン
「FQ JAPAN DIGEST」

VOL.41 / ¥0
2017年6月1日発行

お詫びと訂正

ベビー&キッズEXPO