プロボクサー・村田諒太選手「父親になって世界に勝てた」

2017.04.06up
 
村田諒太

5/20(土)に有明コロシアムで世界デビュー戦を迎える、世界的プロボクサー村田諒太選手。プライベートでは6歳の男の子と3歳の女の子の父親でもある。彼の強さの根源は一体どこにあるのだろうか。

守るべき存在と帰る場所が
世界に勝てるきっかけをくれた

世界ランキングではWBA世界ミドル級2位につけ、プロに転向してから現在までの戦績は12戦12勝9KOと無敗を誇るプロボクサーだ。そんな村田さんが、海外で勝てるようになったのは、実は子供が生まれて父になってからだという。

「ボクシングは魅力的なスポーツですが、一方で、命懸けの勝負でもありますし、プロの場合、勝てなくなったらおしまいです。そんな僕にとって、子供と家庭は絶対に守らなければならないもの。『無事に生きて帰りたい、そして勝ちたい』。結婚して子供ができてはじめて、自分以外のことを考えて試合に挑めるようになった。子供たちだって、パパが負けて帰ってくるより、勝って帰ってきたほうが嬉しいでしょう。それからなんですよ、僕が海外の選手に勝てるようになったのは」。

また一方で、もし負けてしまっても、僕には帰るところがあって、『おかえり』って言ってくれる人がいる。そうした安心感は一般の方にとっても大切だと思いますが、孤独との戦いでもあるボクサーにとっては本当に大切なもの。いい意味で、心に余裕ができたんです。だから子供たちと妻には、心から感謝しているんですよ」。

家族の存在のおかげで、揺るぎない強さを手に入れた村田選手。1人の父親として、子供たちにはどのようなスタンスで接しているのだろうか。子供たち(長男6歳・長女3歳)は、現在何かスポーツをしているのか聞いてみた。

「今は特定のスポーツには興味がないみたいですが、スイミングだけは親の意思で通わせています。こればっかりは、習っておかないと出来るようになりませんし、小学校にあがったとき、泳げる、泳げないは大きな差になりますからね。あとは子供がやりたい、と言ったことを何でもやらせるスタンスです」。

そしてやりたいことが見つかったら、恐れずにチャレンジして欲しいと熱い想いを語る。

「将来、スポーツに限らず、やりたいことが見つかったら、どんどんチャレンジして欲しいですね。僕もそうですが、試合の前はすごく怖いし緊張するんです。でも終わってみると「何をそんなに怖がっていたんだ」「そんなに緊張していて良いパフォーマンスができるわけないだろう」と思うわけです。過ぎてしまえばすべて過去なんだから、子供たちには失敗を怖がらずにチャレンジしてほしいですね」。
 

次ページ 村田選手が考える、世界で勝つ秘訣

 

 


関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正