近所のおじさんが宿題を教えてくれるオランダ教育風土

2016.12.13up
 
中学まで宿題なしのオランダ パパの役目は?

育児事情を国によって様々。今回は、中学校になるまで宿題が出されないというオランダでの”パパの宿題のお手伝い”について紹介する。

先生より教え方が上手!?
宿題を教え合う「パパの会」

オランダでは小学校卒業時まではのびのび育てるという教育方針から、一般の小学校では宿題が出されない。しかし、中学生になるとそうもいかない。学習科目も増え宿題もしかり。そんな彼らにとって頼もしいのは、有志の父親たちが寺子屋形式で宿題を手伝いながら勉強を教える「父親の会」の存在だ。「先生に習うよりずっとよくわかる!」と子供たちからの評判も上々で、同志が集まり会も増えつつある。ちなみに会に属す父親たちは、我が子ではなく、他の子の宿題を手伝うがルール。子供は父親に依存し、父親も子供に対し甘くなるため、お互いにとってメリットがないからだそうだ。

fq_wdj161212_3
特に数学では、基礎の掛け算から、一対一でていねいに教えてもらえるため、わかりやすいと評判だ。

 

【DATA】
「父親の会」
HP:http://uweigenstudent.nl/bijles

Text » KAORU INABA

※FQ JAPAN VOL.39(2016年夏号)より転載
 

 

関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正