中村勘九郎「家に帰れば 芝居ごっこで大騒ぎ」

2016.09.16up
 
tegata_02

9月22日(木・祝)公開映画『真田十勇士』で主人公の猿飛佐助役で大暴れしている中村勘九郎さん。歌舞伎俳優として、力強い演技で世間を魅了する一方で、家に帰れば2人の息子と大騒ぎをする普通の父親なのだった。

『真田十勇士』大坂夏の戦いは
僕もまさに鳥肌ものでした

2年前に記録的に大ヒットとなった舞台『真田十勇士』が、この秋、堤幸彦監督の手によって、映画化される。主演は、舞台と同じ「佐助」を演じる中村勘九郎さん。観客を目の前にしたライブである舞台と、一つの作品として作り上げていく映画。今回勘九郎さんは、どのような心構えでこの作品にのぞんだのか。

「舞台では常にお客様との息を合わせたキャッチボールが大切です。だから、自分が舞台上で、常に『自分はお客様にどう見えているか?』という、もう1人の俯瞰した冷静な自分が、いつでも僕を見ています。それに対して、映画の場合は、僕自身いつも1カット1カット命がけです。自分がどうお客さんに見られるかは意識しませんでした。気がつくと、佐助役に没頭していたという感じです」。

fq_ODA20160324_02

さらに、佐助という人物について、このように語っている。

「佐助は自由奔放で、演じていてすご〜くいい気分でした。頭で考える前に行動している感じで、頭も体も一緒。ある意味、ブレていない。動物的本能に突き動かされて行動している感じが好きですね。天真爛漫な明るさが逆に、彼の持つ“闇”を際立たせているようにも感じます。

彼は生い立ち上、親の愛を知らずに育った悲しみを抱えています。だからこそ、同じ闇を抱えた10人を集めた……というか、自然に集まったのかもしれませんね。十勇士のキャラクターがそれぞれ10人、見事に際立っています」。

今回の作品では、英雄・真田幸村が“実は腰抜けだった”という大胆な発想で描かれていることでも話題になっている。なんといっても見どころは、大坂夏の陣での幸村や十勇士たちの奮戦ぶりである。

「僕もまさに鳥肌ものでした。腰抜けの真田幸村を演じた加藤雅也さんは、最高でしたね。ぜひ、映画館で家族で見て欲しい映画です」。

 

次ページ 中村勘九郎が我が子との関係を語る!

 

 


関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正

  • RT @fqjapan: 子連れキャンプについてのアンケート実施中!⇒ https://t.co/lO3pVoVXcQ 子供連れでキャンプに行ったことがある人もない人も、行ってみたいなぁと思っている人も、ぜひご回答お願いします! #キャンプ #子連れキャンプ #アンケート ht…
  • ユニクロ(@UNIQLO_JP)で、子供のコーデ体験サービスが始まったって知ってました? これが、今注目の教育「アクティブ・ラーニング」的要素がいっぱいなんです。https://t.co/cd0l4Q0PtH #ユニクロ… https://t.co/smSqTqFH8E