育休明けのつるのさん初登場! 父親OSがバージョンアップ!

2016.08.10up
 

8月3日(水)、松屋銀座にて、アードマン・アニメーションズ設立40周年記念「ひつじのショーン展」のキックオフイベントが開催!
ゲストに、小さい頃からクレイ・アニメーションの大ファンのつるの剛士さんが登場! 5人目のお子さんが生まれ、6月末まで1ヶ月間の育休を取られたつるのさんは、絵本作家としても活躍中。
「ひつじのショーン」の魅力と5人のパパとしての子育てのモットーを伺いました!

妻は子供を産むと驚異的に
OSがバージョンアップするぞ!

fq_shn20160810_02―― 以前、FQにご登場いただいた6年前、まだ「イクメン」という言葉はなかったですよね。

そうなんですよね! もう6年も経つのかあ〜。感慨深いなあ〜。時代は変わりましたね。イクメンは、ユーキャン新語・流行語大賞の2010年のトップテンで、当時、僕が4児の父として育休を取ったことで受賞しました。

―― イクメンといわれるのは本意ではないとか?

イクメンの意味って、「育児を積極的に行い、率先して妻をサポートする男性、育児を楽しむ男性」のことですよね。今となっては当たり前になってきているんじゃないですか。

―― そうですね。育休をとって育児をしたい男性は多い。だけど、給与が下がる、会社の評価が低くなるといった理由から、事実上のイクメンが増えないのが現状です。

僕は幸運にも育休を取ることができました。でも、誰もが取れるわけではありません。パパの育休取得や、残業せずに帰れて育児ができる社会に早くなってほしいですね。いずれイクメンという言葉がなくなるのが理想です。

―― 2回目の育休で、何がいちばんつらかったですか?

う〜ん。毎日毎日同じことの繰り返しかな〜。ルーティン。これって、つらい! 妻の大変さを前回以上に痛感しました。朝昼晩ご飯を作っていると、人の料理が食べたくなる。ママたちがランチが楽しみなのはわかるわかる! 家族以外誰ともしゃべらない日もある。だから、SNSに何かと投稿したくなるのわかるわかる! 送り迎えで会ったママたちと井戸端会議するの、わかるわかる!

―― 6月30日、育休の最終日のブログ。あれ、最高でした。多くのママたちにささりました。

ああ、「作るの二時間食べるの一瞬」とか「送り迎えだけで半日終わる」「時間に追われて自分のしたい目標を達成できない消化不良感」「おかわりされる嬉しさ」「コップ洗いたくないからなるべく回し飲み」とか(笑)!
1週間に350万アクセスもの反響がありました。シェアもすごかった。育休中に感じたこと・気づいたことをちょこちょこメモしておいて書いたんだけど、「思いを言葉にする」って、すごく大事だな〜って、あらためて感じました。

―― やった人にしかわからない機微、ですね。

1度目の育休のときは、「なんでママは、こんなところで怒るの?」というところまで理解できなかったけど、今回は「なぜ、ここで怒るのか」がよ〜くわかりました。育休中、妻の気持ちを「知れた、理解できた」ということが一番の収穫です。

―― これから初めてパパになる人へのメッセージをお願いします。

僕も最初、いっぱい妻に怒られ、いっぱいケンカしました。伝えたいのは、1つだけ。「育児に本気で取り組む」ということ。本気ですよ。すべて初めてですから「これは自分がこれまでやったことのない、まったく新しい仕事だ!」くらいの気持ちで取り組んでみてください。

―― 「本気で」ですね。

すると家庭は円満。家庭が円満なら、仕事もうまくいく。あと、そうそう、もう1つ。奥さんは、子供を産むとビックリするほどバージョンがアップします。OSがバージョンアップするみたいにね。恋人だった妻が急にママになっちゃうから、淋しいのはよくわかります。おっぱいも取られちゃうしね(笑)。だから、パパも奥さんと一緒に成長していけばいいんです。ママと一緒にバージョンアップ。まあ、心配しなくても、子供がちゃんとみなさんを父親にしてくれますよ。
 

次ページ 「ひつじのショーン」がつるの剛士に与えた影響とは?

 

 


関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正