石けん・すすぎなし! 肌トラブルから守る簡単沐浴とは?

2016.05.23up
 
fq_MOC20160527_1

赤ちゃんの世話の中で、パパが担当することも多い沐浴タイム。そしてそれは、父子のスキンシップと、デリケートな赤ちゃんの肌トラブルを防ぐために欠かせない、とても大切な時間でもあるのだ。

赤ちゃんの沐浴ガイド

fq_MOC20160527_2STEP1:準備
39℃前後のお湯を張ったベビーバスに、スキナベーブをキャップ1杯入れて軽くかきまぜる。沐浴後に使うバスタオル、着替え、オムツはあらかじめ用意しておく。

STEP2:沐浴
赤ちゃんを安心させるためお腹にガーゼをのせる。耳の後ろとおしりを支えて足からゆっくりと湯に入る。体全体を軽くなでるように洗う。石鹸やすすぎ、上がり湯は必要なし!

fq_MOC20160527_3STEP3:タオルドライ
沐浴後は、バスタオルの上に赤ちゃんを寝かせ、水気をふき取る。オムツや肌着を着たら、綿棒で耳や鼻、おへそなどをお手入れ。沐浴後はのどが渇くので母乳やミルクを飲ませよう。
 

赤ちゃんの肌トラブル対策に
石けんいらずのスキナベーブ

ツルンとしたきれいな肌の代名詞として〝赤ちゃん肌〞という言葉があるが、実際の赤ちゃんの肌は大人の約半分の薄さで、とてもデリケート。それでいて汗腺は大人と同じ数で、表面積のわりに汗腺の密度が高いため汗っかき。夏場はあせも、冬場は乾燥と、一年中肌トラブルとのたたかいだ。

赤ちゃんを肌トラブルから守るには、毎日の沐浴できちんと清潔にしてあげることが大切である。日本で長く愛され続けている沐浴剤「スキナベーブ」は、石けん・すすぎ・上がり湯なしで使えるうえに、の乾燥やあせも、湿しんなどの肌トラブルを予防してくれるスグレモノ。赤ちゃんの肌ケアは、正しい沐浴からはじめよう!
 

【問い合わせ】
持田ヘルスケア
フリーダイヤル:0120-01-5050
受付時間 9:00〜17:40(土・日・祝日を除く)
http://www.babycare-net.com/

Photo » KOUICHI IMAI
Model » DAD:KATSUJI MASUGAMI、BABY:AOI MASUGAMI

※FQ JAPAN DIGEST VOL.34(2015年秋号)より転載

 

 

関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN VOL.42

VOL.42 (3/1発売)

2017 SPRING ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正