話題の大井川鐵道「きかんしゃトーマス号」と新たな仲間の「ジェームス号」に乗ってみた!

2015.07.21up
 

thomas_main
昨年登場して父子の話題をさらい、今年も第一次予約は満席という「きかんしゃトーマス号」。原作出版70周年の今年は「ジェームス号」も加わり、人気は加速するばかり! 7月某日、静岡へ向かい人気の両号に乗ってきました。最後に紹介のXmas運行の情報も必見!

thomas_02IMG_5300

 
出発の新金谷駅で新登場のジェームス号とご対面。ふーむ、なかなかの迫力だ。知人のパパが「トーマス号の迫力に息子がビビってた」と言ってたけど、当日、特別参加の地元園児たちは「大きい!」と大喜び。

thomas_03IMG_5418

 
ジェームス号のボイラー室。赤々と石炭が燃える室内は熱く「夏は汗だくですね(笑)」と機関士さん。この後、ポッポーという汽笛とモウモウとした煙を吐き出し、連結されたジェームス号・トーマス号が千頭駅へ出発!

thomas_04IMG_5527

 
ガタコトと揺れる横揺れが、またSLらしくて楽しい。途中、車内放送によるジェームスの声で、車窓の絶景ポイントを説明してくれる。雄大な山河の風景に加え、広がる茶畑がかな~りのどか。

 


関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN

VOL.40 (9/1発売)

2016 AUTUMN ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正