イクメンはなぜ増えないのか?

2015.07.07up
 
2015.7.7up

 
FQ_ota_column_1507

約10年間、イクメンは実は増えていない

「イクメンなんて言葉がおかしい。育児をする男性は普通に父親と言えばいい」というまったく正論すぎて目が点になってしまうようなツイートが「ドヤ顔」で出回っている。

もともと「イクメン」という言葉には、「この言葉自体が死語になることが社会としての目標」として広まったという逆説的な背景がある。今、こういうツイートに対し、「そうだ!そうだ!」と賛同が集まるということは、「男性だって育児も家事もするのが当たり前」という認識が社会に広まり、「イクメン」という言葉がその使命を終える段階にさしかかりつつえるととらえていいのかもしれない。それ自体はいい兆候だ。

実際、男性の育児・家事を後押しするしくみや制度は、この数年で少しずつではあるが、拡充されてきている。

しかし、「男性だって育児も家事もするのが当たり前」という認識が広まった一方で、男性の育児・家事を取り巻く現実はあまり変わってはいないようだ。

ベネッセ教育総合研究所が「第3回 乳幼児の父親についての調査」を実施し、その第一報がリリースされた。第1回は2005年、第2回は2009年に実施されており、9年間の経年変化がわかる。が、あんまり変わり映えはしていないのだ。
(参照:http://berd.benesse.jp/up_images/research/BERD_press_20150616.pdf

家事分野では若干の好転が見られるが、子どもとの関わりにおいてはむしろ後退している。「子どもにとってのいい父親」というより「妻にとってのいい夫」であることを優先する傾向ととらえることができる。男性の育児・家事の必要性が、女性の活躍の支援という文脈で流布したからだろう。

「家事・育児に今まで以上に関わりたい」と思う父親の割合は増加しているのに、「実際に父親が関わっている家事・育児」の実態に関しては、状況はほとんど改善していないどころか後退すらしている。ますます理想と現実のギャップが開いているということ。「男がつらいよ」的な文脈が広がるわけだ。

男性の育休取得率もほとんど増えていないことは既報の通り。

これでは「イクメンブーム」が、本当に単なるブームだったといわれてもしかたない。正論や理想が大々的に掲げられた一方で、現実は変わっていなかった。この事実をどう受け止め、今後につなげていけばいいのか。

 


関連する記事

FQ JAPAN

FQ JAPAN

VOL.41 (12/1発売)

2016-17 WINTER ISSUE

雑誌「FQ JAPAN」・フリーマガジンの
読者プレゼントアンケートはコチラ

お詫びと訂正