育休取得より大事なこと

2014.07.07up
 

育休取得率にこだわるのは偏差値教育と同じ

国を挙げてイクメンだとはやしたてても、男性の育休取得率が上がらない。
http://biz-journal.jp/2014/06/post_5108.html

最初に断っておくが、「育休取得率を何が何でも上げよう」と数字にこだわることは、偏差値のために勉強するようなもので、本質的ではない。育休取得が自己目的化されてはいけないと、私は考えている。男性の育休は、夫婦でそろって子育てをするための一つの手段であって、何も育休という形にこだわる必要はない。

上の記事のように、インセンティブを強調することで男性の育休取得率を上げるという方法もなくはないが、インセンティブのために育休を取るということは、たとえば景気が良くなってインセンティブが相対的に弱くなると、育休取得率は再び下がるということになる。そういう構造の中に育休を置いてはいけないような気がする。

イクメンは不況の産物

もともとイクメンは不況の産物ともいえる。景気が良くて、仕事をすればするほど儲かるようなときは、男は仕事を優先しがちになる。しかし不況で、仕事をしてもなかなか成果が上がらないときには、家庭にいるようになる。魚の群れが来ているときには1日中海に出るが、時化のときには家で過ごす漁師のようなものだ。

実際、私が運営するサイト「パパの悩み相談横丁(http://www.papanonayami.net/
)」に寄せられるパパたちからの相談件数は、景気に左右される。株価が上がると相談は減る。株価が下がると相談は増える。不思議なものだ。もし景気が良くなれば、イクメンの存在感は薄れ、育休取得率も下がっていくであろうと私は数年前から予言していた。

 


関連する記事

  • 【話題の“写真のない図鑑”とは?】https://t.co/E4gi0tr5va その図鑑にあるのは説明だけ。写真がすっぽり抜けているのだ。これは富士フイルムが現代の親子に提案する、写真の新しい楽しみ方。@FujifilmJP_ck https://t.co/jw1nrVPLAE
  • 【Editor's Fashion Report!】オランダ発のベビー&子供服ブランド「kidscase(キッズケース)」の秋冬の展示会に行ってきました! 色鮮やかなファブリックと“かわいくなりすぎない”デザインが魅力的!/編集部C https://t.co/Qb1RCPIZlh